(フランス/2018年/99分/カラー/デジタル/フランス/日本語字幕)

監督:カミーユ・ヴィダル=ナケ

出演:フェリックス・マリトー、エリック・ベルナール、ニコラ・ディブラ

22歳の青年レオは、街娼をして僅かな金を稼いでいた。次から次へと行き交う男たちに、彼は愛を求め、身体を差し出す。明日がどんな日になろうとも、そんなことは関係ない。彼は今日も街に繰り出してゆく。胸に高鳴る鼓動を感じて……。カミーユ・ヴィダル=ナケの処女長編作品で、カンヌ国際映画祭批評家週間にてプレミア上映され、作品の持つ奥深さが大いに感動を呼んだ。

「むき出しの鮮烈さとセンチメンタルな側面を併せ持つカミーユ・ヴィダル=ナケの処女長編は、とりわけ主役のレオを演じるフェリック・マリトーという新たな才能とともに、作品のテーマが孕む危険を見事に乗り越え、素晴らしい作品を生み出している。」(「リベラシオン」)

04
20
  • 2019-04-20 - 2019-04-20
  • 15:00
  • 開場:15分前
  • 一般:1200円 学生:800円 会員:500円
  • アンスティチュ・フランセ東京(03-5206-2500)
  • チケット販売時間:上映当日各回の30分前から上映開始10分後まで。チケット販売時間内には、当日すべての回のチケットをご購入いただけます。全席自由。整理番号順での入場とさせていただきます。また、上映開始10分後以降の入場は、他のお客さまへの迷惑となりますので、固くお断りいたします。
  • アンスティチュ・フランセ東京 エスパス・イマージュ
    〒 162-8415
    15 新宿区市谷船河原町 東京都

<< 映画/批評月間 ~フランス映画の現在をめぐって~