(C)1967 STUDIOCANAL – Five Film S.r.l. (Italie) – Tous Droits Reserves

今夏からスタートした「映画のアトリエ」。夏はフランス映画を代表する3人の女優たちを通して見えてくる映画史、そして女性史についてお話しします。カトリーヌ・ドヌーヴ、イザベル・ユペール、ジュリエット・ビノッシュ、まったく異なる容姿、個性、演技を持ちながら、彼女たちはそれぞれ果敢に映画を、そして女性像を変革し、新たな可能性を示してきました。彼女たちの出演作の抜粋を交えながら、それぞれの道程を辿ります。
そして秋は、3人の偉大なフランス人俳優をご紹介します。個性もスタイルも演技も全く異なる彼らは、1960年代以降のフランス映画に欠かせない存在であり、変化する世界の中で様々な登場人物を演じてきました。

使用言語は日本語です。

 

このアトリエは、アンスティチュ・フランセ東京の教室を会場として開催します。
各回のテーマは以下のとおりです。

第1回:2021年7月31日(土) 17:00-18:00
カトリーヌ・ドヌーヴ、スキャンダラスなほどに美しく

第2回:2021年8月28日(土)17:00-18:00
イザベル・ユペール、世界の驚きに開かれながら

第3回:2021年10月9日(土)17:00-18:15 ⇒ 9月開催から変更になりました。
ジュリエット・ビノッシュ、女優という真実を生きながら

第4回:2021年10月16日(土)17:00-18:15
アラン・ドロン、唯一無二であり、その分身でもある男

多くの方のご参加をいただき、ありがとうございました。

 

第5回:2021年11月27日(土)17:00-18:15
ミシェル・ピコリ、捉え難き人間を演じて

2020年5月12日に享年94歳で他界したフランス映画の偉大な俳優のひとりミシェル・ピコリ。ジャン=ピエール・メルヴィルからレオス・カラックスまで、あるいはアルフレッド・ヒッチコック、ルイ・マル、ジャック・ドゥミ、コスタ=ガヴラス、ラウル・ルイス、ジャック・リヴェット、アニエス・ヴァルダ、マルコ・ベロッキオ、クロード・シャブロル、ユセーフ・シャヒーン…。50年代から現在まで、映画生み出すことができたもっとも素晴らしい作品、数十本の崇高なる映画において、ミシェル・ピコリは言葉では捉え難い人間の秘められた、驚くべき部分を体現してきました。現在映画を代表する巨匠たちの作品に数多く出演してきたピコリのフィルモグラフィーで注目すべきなのは、その中の幾人かの監督たちの創作活動を長年に亘り支えてきたことです。   ミシェル・ピコリはそうして敬愛、友情を抱いた映画作家には忠誠を誓い、彼らへの協力を惜しむことがありませんでした。「偉大な俳優とはまず映画作家たちの聞き役であり、腹心であり、スピーカーでなければならない」(ミシェル・ピコリ)。ピコリの残した言葉、共演者(カトリーヌ・ドヌーヴ、エマニュエル・ベアール etc.)たちの証言、そして出演作の抜粋とともにミシェル・ピコリという人間、俳優の魅力、偉大さをあらためて確認し、その軌跡を辿ります。

第5回の申し込み・お支払いはこちら

 

第6回:2021年12月18日(土)17:00-18:15
ジェラール・ドパルデュー、激しくも自由に

70年代半ば、ジェラール・ドパルデューは、フランス社会、男性のアイデンティティ、そして68年5月直後の若者のアイデンティティに対して、信じられないほどの自由さと熱さを持って、まったく新しい顔として登場してきました。シェイクスピア劇の中のよた者のようであり、社会の周辺から現れ、アナーキーな暴力を内に秘めていながら、彼の中の庶民的な部分、強烈なまでに惹き付ける魅力がドパルデューをすぐに中心に向かわせていきました。新たなジャンルの映画(ベルトラン・ブリエ)、あるいは巨匠たちの最良の作品(ピアラ、トリュフォー)といった大衆に開かれた作品に出演するとともに、もっとも先鋭的な実験(デュラス、レジー)も行っていきます。獣のようでいて女性的でもあり、肉の塊の中で響く声、全く新しい裸体のあり方など、ドパルデューは同時代の社会のあらゆる変容、あらゆる矛盾をその身体に宿してきました。ドバデューという可能性、そして謎に迫ります。

第6回の申し込み・お支払いはこちら

 

お申込、お支払は、アンスティチュ・フランセ総合受付にて、またはオンラインブティックからお願いいたします。席に限りがございますので、お早めにお申込ください。

 

〔料金〕:各回1000円

〔場所〕:東京都新宿区市谷船河原町15 アンスティチュ・フランセ東京 教室
〔使用言語〕:日本語

講師:坂本安美


東京出身。『カイエ・デュ・シネマ・ジャポン』誌元編集委員。『カイエ・デュ・シネマ』本誌とともにフェスティヴァル・ドトーヌにて黒沢清、青山真治、篠崎誠、諏訪敦彦ら日本の監督たちを紹介。1996年より東京日仏学院(現アンスティチュ・フランセ東京)にて映画プログラム主任を担当し、さまざまな映画上映の企画・運営を手がける。2012年からはフランス大使館 文化部にあたるアンスティチュ・フランセ日本にて映画プログラム主任。引き続きフランスから多くの監督、俳優、映画批評家らを招聘し、日本では上映の機会があまりない作品を中心に紹介しながら、上映と批評との関係、国境を越えたアーティスト、書き手の交流についてつねに模索している。2012年にロカルノ国際映画祭にてOpera Prima(新人部門)の審査員、2014年のカンヌ国際映画祭では「批評家週間短編作品部門」の審査員、2020年には東京フィルメックス映画祭、ヨーロッパの若手監督の登竜門、アンジェ・プルミエ・プラン映画祭短編部門の審査員を務める。著書は『エドワード・ヤン 再考/再見』、『そして映画館はつづく』(共著、フィルムアート社)などがある。

10
09
12
18
  • 2021-10-09 - 2021-12-18
  • 00:00
  • アンスティチュ・フランセ東京
    〒 162-8415
    新宿区市谷船河原町15 東京都