アンスティチュ・フランセ開発のプラットフォームCulture VRでは、アート作品からイベント、プロダクションまでフランスVRのパノラマをご紹介しています。
多数のVR作品が舞台劇術、ビジュアルアート、遺跡、映画、インタラクティブなどのカテゴリーごとに分類され、各作品のシノプシス(英語・フランス語)、受賞歴、作品情報もご確認いただけます。
世界でも注目のフランス産VRに触れてみるのはいかがでしょうか?VRヘッドセットを使って、あるいはパソコン、携帯電話の画面からお楽しみいただけます。

 

フィクション:

『プラネット∞(インフィニティ)』(2017)

©ARTE France, Barberousse Films, Awkeye

荒廃した世界で巨大な乾燥した昆虫の体内に真菌とカビだけが生育し、天候が変化すると雨は乾燥した惑星に水を与え潤し次第に洪水を引き起こす。そして水の中では肉食性オタマジャクシが生息する生態系が生まれる。『プラネット∞(インフィニティ)』では、乾燥と水生の世界に入り込み、多空間と時空を超える経験をお楽しみいただけます。
監督:瀬戸桃子
製作:アルテ・フランス、ベルベルース・フィルム、Awkeye、CNC
対応ヘッドセット: Google Cardboard、Google Daydream、Samsung GearVR、Oculus Rift、 HTC Vive

 

 

Arteで見る

YouTubeで見る

 

 

『キノスコープ』(2016)

©Ex Nihilo & Novelab, La Cinémathèque française

映画のある場面、傑作と呼ばれる作品のある一瞬に入りたいと思ったことはありませんか?映画の秘密、魔術を知りたいと思ったことは…?
『キノスコープ』ではVRを通じそんな映画の世界を旅をお楽しみください。本作は、シネマテーク・フランセーズの展覧会「メリエスから3Dまで:映画というマシン(仮題)」の際に製作されました。
監督:クレモン・レオター、フィリップ・コラン
製作:Ex Nihilo & Novelab
協力:シネマテーク・フランセ―ズ
対応ヘッドセット: Samsung Gear VR、 Oculus Rift、HTC Vive

 

 

 

Cinémathèque françaiseで見る

YouTubeで見る

 

SENS VR版』(2016)

©Red Corner, Arte

『SENS VR版』は、初めてBD(バンド・デシネ)からインスピレーションを受けたVRゲームです。奇妙な法則で成り立つラビリンスに迷い込んだあなた。何を探しているのでしょう?どこに向かっているのでしょうか?このイニシエーションの旅を無事終わらせるには想像力と観察力が必要。グラフィカルなイリュージョンの中、すぐに分かるものや隠されているさまざまな形の矢印を追っていきます。
作者(BD) : シャルル・アイヤット
製作 : レッド・コーナー、アルテ
対応ヘッドセット : Google Daydream、Samsung Gear VR、Oculus Rift, HTC Vivemその他コントローラー付きVRヘッドセット

 

Arteで遊ぶ

App Storeでダウンロードする

Google Playでダウンロードする

 

『グルーミー・アイズ』(2019)

©Atlas V, Arte

1983年、ウッドランド・シティ。ひとりの謎の司祭が行った実験の後、10年にも及ぶ終わることのない夜の中でした。この司祭の狂気から生まれたのが、人里離れた森で暮らす半分人間で、もう半分がゾンビの子どもグルーミー。完全には生きているとも死んでいるともいえないグルーミーは、人間の肉への欲求を抑えきれずにいた。グルーミーは自分の居場所を見つけることができるだろうか?
監督 : ホルヘ・テレソ、フェルナンド・マルドナド
製作 : アトラスV、アルテ
対応ヘッドセット : Oculus Rift、 HTC Vive

 

 

YouTubeで見る

 

ドキュメンタリー

『-22.7°C』(2019)

©Arte, Novelab, DV Group, Zorba

グリーンランドでエレクロ・ミュージックのアーティスト、モレキュルは、自分の最新作のため、北極圏の音を捕まえ閉じ込めました。この経験に触発されて生まれた本作『-22.7°C』でのVR体験は、音楽の創造の源を伝える旅へ導きます。
監督 : ロマン・ ドゥ・ラ・エ、ジャン・クーネン、アモリー・ラ・ビュルト
製作 : アルテ、Novelab、DV Group、Zorba
対応ヘッドセット : Google Cardboard、Google Daydream、Samsung GearVR、Oculus Rift、 HTC Viveその他

 

 

Arteで見る

YouTubeで見る

 

『トマ・ペスケになって』(2018)

©La Vingt-Cinquième Heure、Dvgroup、France Télévision

フランス人宇宙飛行士トマ・ペスケの宇宙探査を360度形式の15分の映画2本で体験します。宇宙空間初のVR撮影により、トマ・ペスケとアメリカ人宇宙飛行士ペギー・ウィットソンの地上訓練から宇宙空間への旅立ちまでを追います。
監督:ユルゲン・ハンセン、ピエール=エマニュエル・ル・ゴフ
製作: La Vingt-Cinquième Heure、Dvgroup、France Télévision nouvelles écriture
対応ヘッドセット : Google Cardboard、Google Daydream、Samsung GearVR、Oculus Rift、 HTC Vive その他

 

 

 

App Storeでダウンロードする

Google Playでダウンロードする

 

Notes on BlindnessInto Darkness失明についての覚書き暗闇の中へ』(2016)

©Ex Nihilo, ARTE, Audiogaming

本作は、長編ドキュメンタリー『Notes on Blindness』をVRでインタラクティブに体験できます。ドキュメンタリーと同じようにジョン・ハルの録音を元にした本作は6章に分かれており、VRの技術やゲームの仕組みを用いて、目が見えない人々の認知的・感情的な世界を体験できます。
監督 : アルノー・コリナール、アモリー・ラ・ビュルト、ピーター・ミドルトン、ジェイムズ・スピニー
製作 : Ex Nihilo、アルテ、Audiogaming
対応ヘッドセット: Google Cardboard、Samsung Gear VR、Oculus Rift、HTC Vive

 

 

App Storeでダウンロードする

Google Playでウンロードする

 

『ドルフィン・マン』(2017)

©ARTE

ドキュメンタリー映画『ドルフィン・マン ~ジャック・マイヨール、蒼く深い海へ』に関連しアルテによって製作された各4分の3つのエピソードで構成された360°の映像シリーズ。全世代のダイバーたちに影響を与えたフリーダイビングのパイオニアの足跡を追います。この競技へのマイヨールの精神を紹介しながら、不世出のダイバーの謎に満ちた世界へご案内します。
監督 : ブノワ・リヒテ
製作: アルテ
対応ヘッドセット : Google Cardboard、 Google Daydream、Samsung GearVR、Oculus Rift、 HTC Viveその他

 

YouTubeでパート1を見る

YouTubeでパート2を見る

YouTubeでパート3を見る

 

 

以下も是非お楽しみください!

『ポンペイ360』(2018)

©ARTE

 

ポンペイの壊滅を招いた西暦79年のヴェスヴィオ火山噴火。この運命の日に起きたことを知るために、ローマ時代の街を探索しませんか。
さあ、古代という別の時空へ飛び込んでみましょう。
監督:ピエール・レルゲンミュラー
製作: アルテ

 

 

 

 

Arteで見る

 

06
01
08
31
  • 2020-06-01 - 2020-08-31