cinema1811091530

三宅唱セレクション

 

(フランス/1961年/90分/カラー/DVD/日本語字幕)
監督:ジャン・ルーシュ

1959年、アビジャンの高校に新入生ナディーヌがやってきた。ジャン・ルーシュによって集められた生徒たちは黒人と白人の間の新たな関係を通して生まれる友情関係、愛情関係についての「フィクション」に自分自身の役を演じながら参加する。

監督は映像人類学者として知られるジャン・ルーシュ。
地元の高校生の人種差別問題に気づいたルーシュは、この問題を主題に16ミリ映画を撮ることを思いつく。
1959年7月の夏休みに撮影が始められ、まずは無声で10時間分が撮影された後、9月に仮編集された。
その後、年末のクリスマス休暇、翌年の復活祭休暇を利用して追加撮影が行われた。
最後の撮影はパリの撮影所に作られた教室のセットで既にパリで勉学中の5人に加え、アビジャンから5人の若者たちが集まり行われた。
16時間にのぼる撮影素材は、半年間の編集を経て、92分の映画作品となった。

 

11
09
  • 2018-11-09 - 2018-11-09
  • 15:30
  • 開場:15分前
  • 一般:1200円 学生:800円 会員:500円
  • アンスティチュ・フランセ東京(03-5206-2500)
  • チケット販売時間:上映当日各回の30分前から上映開始10分後まで。チケット販売時間内には、当日すべての回のチケットをご購入いただけます。全席自由。整理番号順での入場とさせていただきます。また、上映開始10分後以降の入場は、他のお客さまへの迷惑となりますので、固くお断りいたします。
  • アンスティチュ・フランセ東京
    〒 162-0826
    東京都 新宿区市谷船河原町 15

<< 交差する視点 - 日仏インディペンデント映画特集