Au-dela-des-Monts-de-Johan-Swartvagher

講演会
ジョアン・スワルトヴァゲールとアガタ・デュモンを迎えて

(ストリートアーティスト・アカデミー レクチャー)
司会・進行:乗越たかお

日時:11月20日(火)19時
会場:アンスティチュ・フランセ東京 エスパス・イマージュ
参加費:一般1,000円(学生・アンスティチュ会員無料)
お申し込み方法は下記をご覧ください。

 

アーティスト、パフォーマーのジョアン・スワルトヴァゲール氏と、コンテンポラリー・サーカス研究者であるアガタ・デュモン氏を迎え、ヨーロッパにおけるコンテンポラリー・サーカスの潮流やネットワーク、教育プログラムの現状についてお話いただきます。
司会・進行は舞踊評論家の乗越たかお氏がつとめます。
本企画は、「ストリートアーティスト・アカデミー2018特別ワークショップ」の関連イベントです。

 

ジョアン・スワルトヴァゲールJoan
フランス人アーティスト、サーカス・パフォーマー、ダンサー。
サーカス作品の演出を数多く行う(デフラクト・カンパニー『Flaque』、Veiculo Longoカンパニー『F+M=8』、Albatrosカンパニー『Louche pas louche』、等)。
他のダンサー、サーカス・パフォーマーや、映像作家、写真家、音楽家とのコラボレーションも精力的に行う。 身体やオブジェ、イメージや公共空間の関係性を探究する分野横断型のアーティスト・コレクティブを多数設立。 2006年には国際的なアートラボFAAAC(「オルタナティブな学習」の意の名のネットワーク)を設立した。 その他、サーカス作品の演出も数多く行う、現代サーカスの第一人者的存在である。

 

 

アガタ・デュモンDUMONT
インディペンデントの教員/研究者。サーカス芸術およびダンスの分野の研究を行っている。
舞台芸術の博士号を取得。アンジェ国立現代舞踊センターや、シャロン・アン・シャンパーニュ国立サーカスセンター(CNAC)や大学等で定期的に教鞭を執る。
研究者やアーティストとして、ヨーロッパサーカス学校連盟(FEDEC)、CircusNext、フランス国立ダンスセンター等の様々なプロジェクトに携わる。
2016年、クレテイユ・ヴァルドゥマルヌ国立振付センターとの共同で、『Käfig, 20 ans de danse』(Somogy社)を刊行。FEDECと共同で、サーカス芸術についての教科書を複数出版。
オペラや演劇のカタログや、科学系の雑誌や一般誌などに定期的に寄稿している。
現在、即興をめぐるプロジェクトで、振付家マリアン・ファキールとともにブリュッセルのL’L(舞台芸術実験研究所)にてレジデンスを行っている。

 

 

乗越たかおnorikosi
作家・ヤサぐれ舞踊評論家 JAPAN DANCE PLUG代表 著書『ダンス バイブル』『コンテンポラリー・ダンス徹底ガイドHYPER』『どうせダンスなんか観ないんだろ!?』など。月刊誌「ぶらあぼ」に「誰も踊ってはならぬ」を連載中。酒と共にダンスを語る「ダンス酔話会」も日本世界各地で。

 

お申し込み方法(先着順):
件名を「11/20 SAA レクチャー参加希望」として
本文に下記①~④をご記入の上、saa#geigeki.jp(#は半角の@に置き換えてください)までご送信ください。
①氏名(ふりがな)
②ご所属(会社名、学校名等、アンスティチュ・フランセ東京会員の方はその旨記載をお願いいたします)
③メールアドレス
④電話番号
※お申込の際にご提出いただく個人情報は、本シンポジウム以外の目的には使用いたしません。
※受信制限をされている方は、当メールアドレスからのメールを受信できるよう設定をお願いします。

 

主催:東京芸術劇場(公益財団法人東京都歴史文化財団)、豊島区
東京都/アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)
共催:アンスティチュ・フランセ東京
企画協力:l’Usine – Centre national des arts de la rue et de l’espace public (Tournefeuille / Toulouse Métropole)
助成:平成30年度 文化庁 国際文化芸術発信拠点形成事業

tokyo_geijutsu_gekijo    ACT_logo-02        logo-lusine-cnar-noir
11
20
  • 2018-11-20 - 2018-11-20
  • 03-5391-2116(東京芸術劇場 事業企画課 事業調整係)
  • アンスティチュ・フランセ東京 エスパス・イマージュ
    〒 162-8415
    東京都 新宿区市谷船河原町 15