Une fille facile de Rebecca Zlotowski © Les films VELVET – France 3 Cinéma

 

7月に予定されている今年のカンヌ国際映画祭の開催にあわせ、同映画祭にて紹介されたフランスの女性監督を特集します。1962年に長編二作目『5時から7時までのクレオ』がコンペティション部門に選出され、2015年には女性で初めてカンヌ国際映画祭におけるパルム・ドール名誉賞を受賞した女性監督の先駆者、アニエス・ ヴァルダ。1975年の監督週間に出品された『ブリュッセル1080、コメルス河畔通り23番地、ジャンヌ・ディエルマン』が、映画づくり、そしてものの見方を一新させ、現在も世界の映画作家に多大な影響を与え続けているベルギーのシャンタル・アケルマン。80年代後半、90年代以降に、それぞれ独自のスタイルでフランス映画に新たな風を吹き込んでいったクレール・ドゥニ、パトリシア・マズィ。また次世代を担う才能として目が離せないミア・ハンセン=ラブ、セリーヌ・シアマ、レオノール・セライユ 、マリー・ロジエ、レベッカ・ズロトヴスキなど、その多様で豊かな作品群を通して、女性監督たちがつくりだしてきた映画芸術の歴史をたどります。

 

日程:2021.7.17(土) – 8.1(日)

会場:横浜シネマリン

 

チラシをダウンロード

【上映プログラム】

アニエス・ヴァルダ 『ブラックパンサーズ』 (1968)『壁画・壁画たち』(1980)『ドキュモントゥール』(1981)

セリーヌ・シアマ 『ガールフッド』 (2014)

シャンタル・アケルマン 『ブリュッセル1080、コメルス河畔通り23番地 、ジャンヌ・ディエルマン』 (1975)

クレール・ドゥニ 『ジャック・リヴェット、夜警』 (1990)

レオノール・セライユ 『若い女』 (2017)

マリー・ロジエ 『ルチャ・リブレの女王 カサンドロ』(2018)

・ミア・ハンセン=ラブ『すべてが許される』 (2006)

パトリシア・マズィ『走り来る男』(1989)

レベッカ・ズロトヴスキ 『わがままなヴァカンス』 (2019)

 

上映スケジュール CALENDRIER  

7.17 () 14:45 わがままなヴァカンス  Une fille facile 92分)
16:30 すべてが許される Tout est pardonné (105) 
7.18 () 14:45 走り来る男  Peaux de vaches87分)
16:35 ガールフッド  Bande de filles113分)
7.19 () 14:00 ブリュッセル1080、コメルス河畔通り23 番地 、ジャンヌ・ディエルマン   Jeanne Dielman, 23, quai du Commerce, 1080 Bruxelles200分)

【特別料金】一般:1800円  *ポイント鑑賞適用外

17:30 ルチャリブレの女王 カサンドロ  Cassandro, the Exotico !73分)
7.20 () 14:45 走り来る男  Peaux de vaches87分)
16:25 わがままなヴァカンス  Une fille facile 92分)

上映後、坂本安美による「フランスの女性監督について」のレクチャーあり 

suivi d’une conférence d’Abi Sakamoto sur les réalisatrices du cinéma français 

*ポイント鑑賞適用外

7.21 () 14:45 ジャック・リヴェット、夜警  Jacques Rivette, le veilleur127分)
17:05 若い女  Jeune femme97分)
7.22 (木・祝) 14:00 ブリュッセル1080、コメルス河畔通り23 番地 、ジャンヌ・ディエルマン   Jeanne Dielman, 23, quai du Commerce, 1080 Bruxelles200分)

【特別料金】一般:1800円  *ポイント鑑賞適用外

17:30 ルチャリブレの女王 カサンドロ  Cassandro, the Exotico !73分)
7.23 (金・祝) 14:45 ールフッド  Bande de filles113分)
17:00 若い女  Jeune femme97分)
7.31 () 13:00 ブラックパンサーズ  Black Panthers (28)

ドキュモントゥール  Documenteur65分) 

14:50 壁画・壁画たち Mur murs82分) 
8.1 () 13:00 ブラックパンサーズ  Black Panthers (28)

ドキュモントゥール   Documenteur65分) 

14:50 壁画・壁画たち Mur murs82分) 

[料金]

一般:1500(一部作品特別料金1800)/大専・シニア1100円/高校以下800円/横浜シネマリン会員、アンスティチュ・フランセ会員:一般から300円引き

(アンスティチュ・フランセ横浜会員は、ポイントカードの3ポイントで1回無料 *当日提示一部作品適用外) 

 

*開場時間:10分前

 

[チケット販売]

チケットは、オンライン・劇場窓口共に、ご鑑賞日の3日前から指定席で発売します。

 

特集 カンヌ国際映画祭とフランスの女性監督たち

[主催]アンスティチュ・フランセ横浜[共催]横浜シネマリン[助成]アンスティチュ・フランセパリ本部 [アンスティチュ・フランセ日本 映画プログラム オフィシャル・パートナー]CNC、笹川日仏財団、TV5 MONDE[フィルム提供及び協力]フォンダシオン・シャンタル・アケルマンシネマテーク・ロワイヤル・ドゥ・ベルジック、ラ・トラヴェルス、ピラミッド・フィルムズ、新文芸坐、肌蹴る光線、グッチーズ・フリースクール、アット エンタテインメント、サンリス

 

*本企画は、シネ・ヌーヴォ(大阪)、出町座(京都)にて8月・9月頃巡回予定です。

 

*プログラムはやむをえない事情により変更になる場合もございますが、予めご了承ください。最新情報は、アンスティチュ・フランセ横浜のHPをご覧ください。

07
17
08
01
  • 2021-07-17 - 2021-08-01
  • 1500円(一部作品特別料金1800円)/大専・シニア1100円/高校以下800円/横浜シネマリン会員、アンスティチュ・フランセ会員:一般から300円引き
  • 045-341-3180
  • 横浜シネマリン
    〒 231-0033
    中区長者町6-95 上郎ビル 横浜市


特集 カンヌ国際映画祭とフランスの女性監督たち

2021-07-17 『すべてが許される』
2021-07-17 - 2021-07-20 『わがままなヴァカンス』
2021-07-18 - 2021-07-20 『走り来る男』
2021-07-18 - 2021-07-23 『ガールフッド』 
2021-07-19 - 2021-07-22 『ブリュッセル1080、コメルス河畔通り23 番地 、ジャンヌ・ディエルマン』
2021-07-19 - 2021-07-22 『ルチャ・リブレの女王 カサンドロ』 
2021-07-21 『ジャック・リヴェット、夜警』
2021-07-21 - 2021-07-23 『若い女』 
2021-07-31 - 2021-08-01 アニエス・ヴァルダ『壁画・壁画たち』『ドキュモントゥール』『ブラックパンサーズ』