男女平等についての二人の専門家をお迎えして貴重なお話を伺えるまたとない機会。お二人の著作等を元に、今のフランスや日本における近年のフェミニズムの状況、それぞれの試みについて、お話しを伺います。

フェミニストのアイコンとも言われる魔女の起源を説明し、現代女性に対する社会のまなざしを分析した『魔女』の著者でありジャーナリスト、モナ・ショレ氏と、日経×woman副編集長として活躍する小田舞子氏をお迎えし、日仏両国の視点をお伝えいただきます。

 

*要予約(オンラインブティックまたはPeatix)。

 

Mona CHOLLET モナ・ショレ

 

1973年ジュネーヴ生まれ、スイス出身でフランスで活躍するジャーナリスト。

2016年から『ル・モンド・ディプロマティーク』紙の編集長。著書の『魔女』はフランスで37万部を売り上げた。

他に、『致命的な美』など。最新作『愛を作り直す』は2021年11月の発売以来、ベストセラーとなっている。

 

Maiko ODA 小田舞子

 

2001年、日経BPに入社。日経ビジネス、日経ビジネスアソシエ編集部を経て、2013年に日経DUAL、2019年に日経doors創刊メンバーに。

2021年には『早く絶版になってほしい #駄言辞典』(現在、3刷)執筆・編集、『なぜ自信がない人ほど、いいリーダーになれるのか』(小早川優子著)編集を担当。2022年6月開講の次世代女性リーダー育成講座を企画・運営

 

 

 

 

*プログラムはやむをえない事情により変更になる場合もございますが、予めご了承ください。最新情報は、アンスティチュ・フランセ横浜のHPをご覧ください。

11
11
  • 2022-11-11 - 2022-11-11
  • 18:00 - 19:30
  • 入場無料
  • 045-201-1514
  • アンスティチュ・フランセ横浜
    〒 231-0015
    中区尾上町5-76 明治屋尾上町ビル7階 横浜市

<< 横浜フランス月間2022