フランス映画特集@横浜シネマ・ジャック&ベティ

 

「リトル・ガール」(C)AGAT FILMS & CIE – ARTE France – Final Cut For real – 2020

常に世界の映画を上映しているシネマ・ジャック&ベティでは、横浜フランス月間2021の開催に合わせ、「リトル・ガール」、<第3回映画批評月間:フランス映画の現在をめぐって>、「ショック・ドゥ・フューチャー」、「スザンヌ、16歳」、「ファンタスティック・プラネット」、「わんぱく戦争」、<ルネ・クレール レトロスペクティブ> など、フランス映画を特集上映いたします。

11月13日(土)~12月16日(木)

※予定、休館日なし

 

会場・お問い合わせ:横浜シネマ・ジャック&ベティ(045-243-9800)
http://www.jackandbetty.net

 

 

「パリ・コミューン150年記念 パリ燃ゆ-名もなき者たちの声」

 

パリ市民による自治政権1871年のパリ・コミューン成立から150年を記念し、これを題材にした大佛次郎『パリ燃ゆ』と民衆のメディアである当時の版画や風刺画等資料約70点を紹介。

11月11日(木)(開催中)~12月25日(土)

10:00~17:00(入館は閉館の30分前まで)

会場:大佛次郎記念館2階ギャラリー

お問い合わせ:大佛次郎記念館(045-622-5002)

http://osaragi.yafjp.org/

 

 

 

DSC_0630トレッサ横浜「フランスフェア2021」

フランスリヨンをイメージしたトレッサ横浜で、フランスのイベントを開催します。

1113日(土)、14日(日)カプライベント

1118日(木)~21日(日)フランスマルシェ

*出店予定店舗 「ビゴの店」「ラ・メゾン・ド・レイル」「KISSYO SELECT

会場・お問い合わせ:トレッサ横浜(045-534-2200) 

https://www.tressa-yokohama.jp/

 

 

【横浜フランス月間2021】Milly LA Forêt フレンチディナー

フランス各地を修業した長谷川シェフが贈るフレンチディナー。旬の食材を取り入れ素材を生かす調理法やソース、飾り付けでお客様を魅了致します。記念日やデートに是非ご利用ください。パンフレットをご持参頂くか、ご予約時にプラン名上記プラン名をお伝え頂いた方に1ドリンクもしくは会計より10%引きをさせて頂きます。(割引の場合現金に限る)

日時:11月11日(木)~12月19日(日)

17:30~22:00 (L.O.20:30) (※変更になる場合がございます)

会場・お問い合わせ: ローズホテル横浜 ブラスリー ミリー ラ・フォーレ(045-681-2916)

http://www.rosehotelyokohama.com/content/restaurant03

 

SONY DSC

ダイナースクラブ フランス レストランウィーク2021

「トレ・ボン!日本のテロワール」をテーマに、日本の食材をふんだんに取り入れたフランス料理を通じて、新たな発見と美味しい出会い、楽しいひとときをお過ごしください。

日時:~10月31日(日)、無休

ランチ11:30~15:00 、ディナー17:30~20:00

※神奈川県の要請で変更可能性あり

会場・お問合せ:ミクニ ヨコハマ (045-442-0430) http://www.mikuni-yokohama.com

 

NHK8K「オルセー美術館 第1 集 太陽の手触り、第2 集 月の肌触り」上映会

資生堂グローバルイノベーションセンター(S/PARK)1 階
S/PARK 1 階の壁一面に広がるCrystal LED ディスプレイシステムで、「8K オルセー美術館 第1 集 太陽の手触り」「第2 集 月の肌触り」を上映します。

日時:11 月26 日(金)17:30~19:45、11 月27 日(土)13:30~15:45
※上映各1 時間、15 分間の休憩を挟みます。
※入場無料。ご観覧者が多数の場合、入場制限を行わせていただく場合があります。

横浜フランス月間2021 期間限定メニュー

キッシュやラタトゥイユなどフランスの料理をデリスタイルで提供します。

 

日時:11 月11 日(木)~11 月30 日(火) ※日曜日定休
デリは11:00~15:00、デザートは終日ご提供しています。

会場:資生堂グローバルイノベーションセンター(S/PARK)1 階 S/PARK Cafe 

 

詳細はS/PARK HP でご確認下さい。

https://spark.shiseido.co.jp/

 

 

KAAT DANCE SERIES 2021「Le Tambour de soie 綾の鼓」

演出・振付・出演:伊藤郁女、笈田ヨシ テキスト:ジャン=クロード・カリエール 音楽・出演:矢吹誠

国際的に活躍する振付家・舞踊家伊藤郁女とピーター・ブルックと共に創作活動を行ってきた伝説の俳優笈田ヨシがフランスで創作した“ダンス・シアター”です。この作品は、コロナ禍のフランスで、2020年10月に開催されたアヴィニョン芸術週間(UNE SEMAINE D’ART EN AVIGNON)で世界初演され、大変話題となりました。

(C)Christophe Raynaud de Lage

物語は、劇場の舞台を掃除している老人が舞台でリハーサルをしているダンサーに恋するが、思いが成就しない悲劇を描いています。能の曲目「綾鼓」と三島由紀夫が翻案した「近代能楽集」の一作「綾の鼓」からインスピレーションを受けたジャン=クロード・カリエールのテキスト(物語)が才能あふれる二人の日本人アーティストの身体を通して語り始め、矢吹誠の打楽器の音色と混ざり合い、かなわぬ恋の物語を観客に伝えていきます。伊藤・笈田版「綾の鼓」、ご期待ください。

日時:2021/12/24(金)~2021/12/26(日)
会場:大スタジオ
一般発売:2021/11/6(土)

お問い合わせ:チケットかながわ 0570-015-415(10:00~18:00)

https://www.kaat.jp/d/LeTambourdesoie

 

Fragment (pour le projet “Si proche, Si loin”)

 

アンスティチュ・フランセ横浜の本棚の3つを小さな展示空間とした、実験的なジュエリー作家の浅井美樹と紙質と現代工芸作家の鈴木智亜貴による二人展。貝殻や卵の殻などの異素材を表現媒体にしてジュエリーを身体上の彫刻作品として制作する浅井と、木質繊維と土を混ぜて抄いた素材「陶紙」で造形表現を行う鈴木の新作を展示します。

また、本展示では浅井と鈴木の作品に加え、フランスのアーティスト・イン・レジデンスEchangeur22によるSi proche Si loinプロジェクトで共作された折本を一冊展示します。本展示のあと、作品制作の過程で生じたかけらは日本の伝統的な折本の内側に封じられ、このプロジェクトへと贈られます。

フランスのシュール・レアリストが発案した「cadavre exquis」という方法で共作を行うSi proche Si loinプロジェクトは、お互いに作品や素材を送り合うことでコロナ禍においても国や地域や個々の想像力を越えた創作を支援してきました。フランスから始まりフィンランドとスイスが連携したコラボレーションに、この展示を通じて日本も加わります。

日時:11/28-12/12 ※月曜(11月29日、12月6日)は休み
10:00-14:30 / 15:30-19:00(火―金)9:30-17:30 (土)10:00-13:00 (日)

会場: アンスティチュ・フランセ横浜(045-201-1514)

企画:art port (www.artport.space)
協力:Echangeur22 (www.echangeur22.com)

 

浅井美樹:

名古屋を拠点に活動。東京の武蔵野美術大学(金属工芸)卒業後、グラスゴー美術大学で銀細工・ジュエリーを学び、卵の殻や貝殻のような素材を用いたブローチやオブジェなどの実験的なジュエリーを製作する。移ろい変わる儚い現象に着想を受けた作品を製作し、装飾美術と現代美術を横断してドイツ、イギリス、スペイン、アメリカ、ベルギーなど世界中で展示を行っている。
www.mikiasai.com

鈴木智亜貴:

1988年生まれ。東京藝術大学陶芸研究室博士課程在籍。絵付磁器の器作りと同時に木質繊維と土を混ぜて抄紙した陶紙という素材を焼成して造形表現をしている。紙の繊維質は儚い焼き跡になり、用途もおぼろげな物質に変化して存在する様子を作る。主に東京で作品を制作、発表している。

11
11
12
19
  • 2021-11-11 - 2021-12-19

<< 横浜フランス月間2021