新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、アンスティチュ・フランセ横浜は、皆様の安全を保証するため、そしてフランス語学習を継続し、これまで通り講師と受講生の皆様との社会的なつながりを保つために、春学期の講座をオンラインで行うことを決定いたしました。

 

質問1:2020年春学期の講座は実施されますか。

回答1:はい。2020年春学期は、5月9日(土)から7月19日(日)にかけて、予定通り10週間で行います。よりよい環境で授業をスタートするためにも、お早めのご登録をお願いいたします。

 アンスティチュ・フランセ横浜は、新型コロナウイルス感染症の現在の状況を鑑み、また公式の勧告に従いまして、春学期の講座をオンラインで行うことを決定いたしました。

 オンライン授業は、普段の授業と特に違いはありません。いつもの講師といつも通りのメソッドで行います。使用するオンラインツールはシンプルで、安全で、使いやすく、過去4週間テストしており、とても良い結果が得られています。 

今回のオンライン授業は、アンスティチュ・フランセ横浜校にて、皆様を問題なくお迎えできるようになるまでの、臨時の措置となります。

 アンスティチュ・フランセ日本の執行部は、地方自治体の指示に従い、5週間ごとに授業再開の可能性を検討いたします。皆様に、最良の授業をご提供できるよう、最善を尽くしてまいります。

 

質問2:春学期の登録方法を教えてください。

回答2:春学期のすべての講座は、アンスティチュ・フランセ日本のオンライン通信ブティックにて、ご登録いただけます。

登録から受講までの流れはこちらから確認できます。

ご不明な点がございましたら、お電話またはメールにてお問い合わせください。

フランス語の学習経験があり、入門コース以外の講座をご希望の方は、スケジュール調整の上、オンラインにて、講師と無料レベルチェックが受けられます。

 

質問3:オンライン授業を受講するには何が必要ですか。

回答3:マイクとカメラを備えたパソコン、ノートパソコン、スマートフォン、またはタブレットから、オンライン授業にアクセスできます。理想的な学習条件としては、マイクとカメラを備えたコンピューターを使用し、安定したインターネット接続のある環境で学習することをお勧めします。

導入方法はとてもシンプルです。無料オンライン会議ツール「Zoom」をダウンロードし、安全のためのパスワードを入力すると、授業に参加できます。

導入方法は、こちらのガイドをご参照ください。(より詳しいガイドは、こちらからダウンロードできます。)

 

質問4:オンライン授業とは、具体的にどのような授業ですか。

回答4:教室で行われる授業と同じです!

いつもと同じ曜日・時間に、いつもの講師とクラスメートと行います。いつもと同じ学習プログラム、同じメソッド、同じ内容で行います。

違う点は、教室のみです!オンライン授業は、実際の教室と同様の環境を再現する仮想の教室で行われます(講師やクラスメートを画面で見ながら、話す、テキストを見る、ビデオを視聴する、音声の聞き取りをする、チャットやホワイトボードを使ってメッセージを書くこともできます。また、講師に質問する際には、手を上げて発言するツールもあります!)。

アンスティチュ・フランセ横浜は、皆様の授業が、通常通りの質で行われることに、特に注意を注いで参ります。

授業時間に関しては、通常と同様に行いますが、2時間や3時間など長い授業の場合、目を休めるため、気分転換をしていただくためにも、授業の途中で10分から15分の休憩時間をはさむことになります。

 

質問5 :教室での授業とオンライン授業の主な違いは何ですか。

 回答5 :現在、保健衛生上の問題となっている、人と人との間隔(ソーシャルディスタンス)が、講師と受講生様の間で保たれているという点を除き、教室で行われる授業との大きな違いはありません。

 離れているとはいえ、画面を共有し、受講生の皆様と対話できるシステムにより、質の高いレッスンを提供し続け、学習継続のために、ディスカッションできる条件がそろっています。

 アンスティチュ・フランセ横浜では、Zoomを1か月間テストし、講師が運用できるよう準備しており、とても良い結果が得られています。皆様が外出を避けなければならないこの困難な時期に、皆様とつながることが可能になりました。

 

質問6:Zoomを採用したのはなぜですか。

 回答6:非常に使いやすく、無料で使用でき、欧米諸国や、日本を含むアジア各国など、世界中の教育分野での使用が増えているためです。Zoomの開発者と同様に、当館にとっても、ユーザーデータの機密性とプライバシーの保護は重要な関心事です。Zoomのプライバシー保護方針はオンラインで閲覧できます。

 Zoomは急速に普及しましたが、いくつかの問題も指摘されています。これらの問題は、ユーザー側のミス(たとえば、ソーシャルネットワークでのパスワードの配布など)にも関連しています。

 Zoom開発元はこの問題に対し、4月に2つのセキュリティプログラムを更新したため、非常に信頼できるツールとなりました。当館から受講生の皆様それぞれに、Zoomにアクセスするためのリンク、ID、パスワードをお送りいたします。

 

質問7:授業で使用する教材はどこで購入できますか。

回答7:アンスティチュ・フランセ横浜閉館中は、欧明社ウェブサイトでご注文ください。

授業中に使用する教材は、講師がオンラインで共有するため、まだテキストを受け取っていなくても、問題なく授業にご参加できます。

また現在、多くの教科書や教材が出版社のウェブサイトから無料で入手できるようになっています。

 

質問8:都合によりオンライン授業に参加できない場合、他のオンライン授業への振替はできますか。

 回答8 :はい。講座振替制度は引き続き有効ですので、教室で行われる授業と同じ条件で別の授業に振替できます。春学期に関しては、例外的に、お休みされたクラスすべてに対して(通常は2クラスまで)、2020年の終わりまで有効期間を延長して、振替制度を利用できます。振替の時間数と、同じレベルの授業への振替ということに、ご注意ください。通学する必要がないので、お気軽にご利用いただけます。

 

質問9:教室で行われる授業の再開は、どのように知らされますか。

回答9 :すべての受講生に、メールでお知らせいたします。

また、アンスティチュ・フランセ横浜のHPやSNS(Facebook, Twitterのお知らせを定期的にご確認いただくことをお勧めします。

今後の進展に関しては、講師からも、可能な限り多くの情報をお知らせいたします。

 教室での授業が再開する際には、すべての予防策が講じられ、受講生皆様の安全を確保します(マスク着用の必須、手指の消毒、教室の清掃の強化、受付エリアや教室内の机の間隔を広げる、定期的な換気、皆様への警戒の呼びかけなど)。

 

質問10:2020年夏学期の日程は、どうなりますか。

回答10:2020年夏学期は7月21日(火)から10月4日(日)までの10週間となります。夏季休暇は、お盆の間、8月10日(月)から16日(日)までとなります。

 

質問11:春学期のすべての講座が、オンライン授業対応となりますか。

回答11:春学期の講座の大部分は、オンライン授業として受講いただけます。

例外として、以下の講座は、オンライン授業の対応ができません。

「子どものためのお楽しみアトリエ」(講師 M.Delavenay)

「家族と一緒にフランス語」(講師 M. Igarashi)

「フランスワイン巡り」(講師 M.Fleury)

「コーラスサークル」(講師 Mme Sublime)

 

質問12:下記の講座に申し込みました。日程は変更になりますか。また、日程が変更になる場合や開催されない場合は返金を希望します。(または、当面、アンスティチュに通学することは控えたいので返金を希望します。)

  • 4日17日が初回の「フランス都市の歴史」(M. Sintive)
  • 4月19日、26日、5月10日、17日、24日の「DELF B1合格集中講座」(Mme Hammacher)
  • 4月19日、26日、5月10日、17日、24日の「DELF B2合格集中講座」(Mme Veloso)
  • 4月19日、26日の「DELF B1ジュニア試験対策講座」(M. Saito)
  • 5月10日、17日、24日、31日の「『Objectif Express 2』集中講座」(M. Depriester)
  • 5月10日、17日、24日の「DELF A2合格集中講座」(M. Saito)
  • 5月24日、31日の「仏検2級合格講座」(M. Yoshino)
  • 「討論道場」(M. Bourgeois)
  • 「耳で覚えるフランス語」(M. Depriester)
  • 「ディクテの時間」(Mme Petit)
  • 「一日、一記事を読む」(M. Delavenay)
  • 「会話サロン」

 

回答12:これらの講座の新日程は、以下の通りです。

  • 「フランス都市の歴史」(M. Sintive)日程を5月22日、6月5日、19日、7月3日、17日に変更いたします。
  • 「DELF B1合格集中講座」(Mme Hammacher)日程を5月10日、17日、24日、31日に変更いたします。なお、模擬試験は中止いたします。
  • 「DELF B2合格集中講座」(Mme Veloso) 日程を5月10日、17日、24日、31日に変更いたします。なお、模擬試験は中止いたします。
  • 「DELF B1ジュニア試験対策講座」(M. Saito)中止いたします。
  • 「『Objectif Express 2』集中講座」(M. Depriester)予定通り5月10日、17日、24日、31日の日程です。
  • 「DELF A2合格集中講座」(M. Saito)予定通り5月10日、17日、24日の日程です。
  • 「仏検2級合格講座」(M. Yoshino)予定通り5月24日、31日の日程です。
  • 「討論道場」(M. Bourgeois)5月16日、5月23日、5月30日、6月13日、6月20日、6月27日、7月4日
  • 「耳で覚えるフランス語」(M. Depriester)5月22日、6月19日、7月10日
  • 「ディクテの時間」(Mme Petit)5月21日、6月4日、7月2日
  • 「一日、一記事を読む」(M. Delavenay)5月19日、6月2日、7月7日
  • 「会話サロン」下記の表をご覧ください。

 

新しい日程でご都合が悪く、返金をご希望される場合には、お支払いいただいた受講料を全額ご返金いたします。返金手続のために、振込先銀行口座の通帳のコピーをご提出いただきます。お手数ですが、返金をご希望される方は、まずはその旨、ご一報をお願いいたします(総合受付:メール)。

 

質問13:コンピュータにあまり慣れておらず、オンライン授業を受講することに不安があります。オンライン授業を受講する際に、技術的な問題がある場合、どうすればよいですか。

回答13:オンライン授業の受講は非常に簡単です。こちらの詳しいガイドを見ながらご利用いただます。

それでも問題が解決しない場合は、メールやお電話(045-201-1514)でお問い合わせください。

 

質問14:カメラを使用せずにオンライン授業に参加できますか。

回答14:よりよい条件で学習するために、マイクとカメラを備えたコンピュータの使用をお勧めします。これにより、教室にいるのと同じように、講師が皆様を見ながら授業を行えます。また、より楽しみながらクラスメートとやり取りできます。とはいえ、ウェブカメラをお持ちでない場合や、お顔を見せたくない場合でも、オンライン授業を受講することは可能です。

 

質問15:春学期の講座を登録する前に、オンライン授業を体験したいのですが、どうすればよいですか。

回答15:毎学期行っているように、学期第1週の授業は、登録前に無料で体験できます。体験をご希望の場合は、事前の予約が必要です。体験の流れはこちらをご覧ください。

 

質問16:私の講座の担当講師はオンライン授業を行えるのでしょうか。

回答16:アンスティチュ・フランセ横浜の講師は、質の高い授業を行うことに、特に注意を払っています。当館講師は、オンラインでの教授法、及びZoomの使い方を熟知しています。 何人かの講師はすでに高校や大学でオンライン授業を経験しており、この形式に慣れています。また、講師はオンライン授業の経験を共有し、アドバイスの交換をするなど、定期的に会議を行っています。

 

質問17:オンライン授業をよりよい状態で受講するための方法を教えてください。

回答17:オンライン授業を快適に受講するための10のルールがございます。

  1. 授業の前に、各種機器(デバイス(使用機器)のバッテリー、マイク、カメラ、ヘッドフォン)の動作、インターネット接続を確認してください。
  2. 授業の前に、パソコン等を起動して、Zoomソフトウェアをダウンロードしてください。
  3. 授業の前に、なるべく静かな環境づくりをしてください。(ドアや窓を閉める、ラジオやテレビの電源を切るなど)。
  4. 授業中は携帯の電源を切るか、「サイレント」または「飛行機」モードにしてください。
  5. 授業開始10分前にクラスに接続し、そのままお待ちください。
  6. 担当講師が皆様からのアクセスを承認できるように、氏名を入力し、接続してください。
  7. 複数のデバイス(機器)を、同時に接続しないでください。
  8. 接続情報(接続先、ユーザー名、パスワード)を他人に開示しないでください。
  9. 話していないときはマイクをミュートにしてください。
  10. 発言の際は、手を挙げるボタンを押して先生に合図してください。

 

質問18:ポイントサービスはオンライン授業の場合、どのようになりますか。

回答18:ポイントサービスは通常どおりです。10時間ごとの講座登録につき、1ポイント差し上げます。ポイントは、授業の振替、会話サロンの無料参加、または、2つ以上講座をご登録の際、2つ目の講座の割引にお使いいただけます。

 

質問19:オンライン授業でネットサービスを利用できますか。

回答19:はい。ネットサービスは通常どおり利用できます。講師はネットサービスを介して、授業中に使用する資料を配信したり、授業の内容を要約してお知らせしたり、Zoomの接続情報をお伝えいたします。ネットサービスに接続するためのクラスコードとパスワードは、講座ご登録後、メールでお送りいたします。

 

質問20:教室での授業では、担当講師が資料を印刷して配布してくれました。オンライン授業の場合はどうすればよいですか。

回答20:担当講師から皆様に、ネットサービスを介して、資料を配信いたします。必要に応じて、ご自宅で印刷してご利用ください。さらに授業中、講師はZoomの画面共有機能を使用して、資料を表示いたします。テキスト、教材、画像、音声、ビデオなどの表示が可能です。

 

質問21:教室での授業が再開しても、オンライン授業を継続して受講することはできますか。

回答21:いいえ。オンライン授業は、教室で行う通常授業に代わり、臨時で行うものです。通常授業の再開が可能になりましたら、終了となります。

 

質問22:オンライン授業を受講したいのですが、教室での授業が再開した場合は参加したくありません。どうすればよいですか。

回答22:教室での授業を再開する前に、アンスティチュ・フランセ横浜は、皆様の安全が保証されることを確認し、厳格な保健衛生上の対策を実施します。しかしながら、教室での授業をご希望されない場合には、受講を一時停止することができます。ご欠席された分は、2020年末までの期間内に繰越いたします。詳細はお問い合わせください。

 

質問23:オンライン授業で受講したくないのですが、いつ教室での授業が再開できますか。

回答23:保健衛生上の状況が改善し、皆様の安全が保証されるようになりましたら、アンスティチュ・フランセ横浜は、通常の教室での授業を再開いたします。

 

質問24:2020年4月28日現在、春学期の講座に登録済ですが、オンライン授業の受講を希望しない場合、どのような方法がありますか。

回答24:状況が改善次第すぐに、通常授業に戻すことを考えているため、皆様には、オンライン授業に参加することをお勧めします。アンスティチュ・フランセ横浜のスタッフと講師は、皆様にオンラインでの授業を受講していただけるよう、可能な限りお手伝いをします。しかし、この方法での受講が困難な場合には、次の方法をご提案いたします。

・ 通信講座、またはオンラインプライベートレッスンを受講できます(プライベートレッスンの受講料は、通常講座と異なりますので、差額を銀行振込でお支払いいただく必要があります)。

・ ご登録講座の受講料を繰り越しとし、教室での通常授業の再開後、2020年12月31日までの講座を受講できるものとします。

 

質問25:2020年4月28日現在、春学期の講座に登録済です。提示された解決策を検討した結果、やはり払い戻しを希望します。

回答25:私たちの解決策にご満足いただけなかったことは、残念です。しかし、払い戻しをご希望の場合は、お支払いいただきました受講料を全額返金いたします。なお、返金をご希望される場合は、遅くとも授業の初日終了後48時間以内にご連絡いただく必要がございますので、ご注意ください。

 

質問26:払い戻しを希望します。どうすればよいですか?どれくらいかかりますか。

回答26:払い戻しは銀行振り込みとなります。銀行口座の詳細をメールでお知らせください。払い戻しまで1か月ほどかかります。

 

質問27:春学期開始の延期とアンスティチュ・フランセ閉館のため、会員特典を利用する権利を一ヶ月分失っています。どうなりますか。

回答27:閉鎖の初日である2020年3月28日まで有効な会員証をお持ちの方には、以下の通り、一律、3か月延長させていただきます。

2020年3月まで有効→2020年6月まで有効(3ヶ月延長)
2020年6月まで有効→2020年9月まで有効(3ヶ月延長)
2020年9月まで有効→2020年12月まで有効(3ヶ月延長)
2020年12月まで有効→2021年3月まで有効(3ヶ月延長)
2021年3月まで有効→2021年6月まで有効(3ヶ月延長)
2021年6月まで有効→2021年6月まで有効(延長なし)

変更が可能な方は、営業再開後、受付に会員証をご提示ください。

 

質問28:プライベートレッスンを予約していますが、アンスティチュ・フランセ横浜が閉館しています。どうすればよいですか。

回答28:プライベートレッスンを、オンラインで行うことをお勧めします。とても簡単に始めることができます。

オンラインでのプライベートレッスンをご希望されない場合、ご予約済みの授業時間が消化されることはありません。営業再開後の日程にスケジュールしなおすことができます。

 

質問29:フランス語資格試験DELF/DALFは、実施されますか。

回答29:2020年5月17日に予定されていたDELF juniorはキャンセルされ、後日に延期となりました。

6月6日と7日のDELF/DALF試験に関しては、まもなく決定いたします。可能な限り、後日の実施、または秋の試験への繰り延べが提案されます。

受験者の方には、決定があり次第、個別にご連絡いたします。

すべての場合において、受験者の安全が私たちの一番の優先事項となります。試験が実施される場合は、当局による保健衛生上の対策に厳密に準拠いたします。

 

質問30:子どももオンライン授業に参加できますか?

回答30:6歳以上のお子様でしたら、オンライン授業にご参加できます。しかしながら、オンライン授業でお子様の集中力を保つことは難しいため、授業中は保護者の方の付き添いをおすすめいたします。