Sans titre

フランス最高峰パリ・エコールノルマル高等音楽院のピアノ科教授、パトリック・ジグマノフスキーを中心に結成されたTRIO INNOVAによるコンサート。ピアノ、チューバ、アコーデオンの素晴らしいハーモニーでアストル・ピアソラの曲をメインにお届けします。この著名なアルゼンチンのバンドネオン奏者の音楽は、時には生き生きと、時にはメランコリックに、そして激しさや荒々しさも見せながら、従来の踊りのための大衆的なタンゴとは違った洗練された音楽スタイルで「ニュータンゴ」と呼ばれています。

 

【プロフィール】

TRIO INNOVA(トリオ・イノヴァ):

1999年にパトリック・ジグマノフスキー(ピアノ)、ダヴィッド・ザンボン(チューバ)、ジャン‐マルク・ファビアノ(アコーデオン)の3人のメンバーで結成された。それぞれソリストや指導者としての活動を続けながら、フランスやイタリア、アジアや中東など世界各地の音楽祭に招かれてトリオの演奏活動を行っている。今年は初めてのライブCDも発売される予定。

 

メンバー:

Patrick Zygmanowski(パトリック・ジグマノフスキー):ピアノ

パリ国立高等音楽院ピアノ科および室内楽科を首席で卒業。数々の国際コンクールに優勝。ソリストとして世界各国の音楽祭や演奏会に招かれる他、著名な演奏家との共演も多数。2002年から、自らが音楽監督としてプロデュースし、出演する「ボルドー音楽祭」を毎年手がけ、2007年より、「ボルドー音楽祭in横浜」として日本でもコンサートを開催。2007年フランス芸術アカデミーからデルマス賞を授与された。

パリ・エコールノルマル高等音楽院教授、大阪音楽大学客員教授。

 

David Zambon(ダヴィッド・ザンボン):チューバ

パリ国立高等音楽院チューバ科を首席で卒業。フランスをはじめヨーロッパ、アジア等世界各国のコンサートや音楽祭で定期的に演奏している。また後進の指導にも積極的で、ヨーロッパやアジアでのマスタークラスにも頻繁に招かれている。

フランスのムドン音楽院院長、ベルサイユ音楽院教授。

 

Jean-Marc Fabiano(ジャン‐マルク・ファビアノ):アコーデオン

音楽理論を学びながらアコーデオンをジャック・モルネやマッティ・ランタネンに師事した後、数々のコンクールで入賞。マルセイユの国立音楽院で初めてアコーデオン科を開設、世界各国でマスタークラスに招かれる他、上海大学にも客員教授として招聘されている。

2012年からフランスのアルデッシュ県音楽院院長。

07
07
  • 2018-07-07 - 2018-07-07
  • 16:00
  • 入場無料
  • トレッサ横浜(045-534-2200)
  • トレッサ横浜 北棟 リヨン広場
    〒 222-0002
    神奈川県 横浜市港北区 師岡町700番地

<< 横浜フランス月間2018