(c)supinfocom

Supinfocom(シュパンフォコム)学生プログラム

(全8作品、50分、英語字幕付き)

 

1988年に創立されたフランスのアニメーション教育機関Supinfocom(シュッパンフォコム)は、現在世界で活躍するアニメーション監督を輩出している名門校です。同校の2012年制作の学生作品全8作品をご紹介します。創造性や斬新なアイディアに富んだ、芸術性の高い作品群です。

 

上映作品:

『Baobab』 Nicolas LOESNER, Anaëlle MOREAU, Marina STECK, Simon TARONI, Benjamin TRON

『Bye Bye Bunny』Julia Bueno, Cheng Li, Catherine Lepicard, Inès Pagniez, Julien Roguet, Paul Torris

『Catharsis』Marine BRUN, Jean-Guillaume CULOT, Sébastien DUSART, Antoine FOULOT, Pauline GIRAUDEL, Floriane HETRU

『Oru Burus』 Anton BRAND, Guillaume KLEIN, Charlotte QUILLET, Raphaël THEOLADE

『Parlez moi d’amour』Charles Bouet , Clément Goffinet, Olivier Delequeuche, Julie Manga, Sébastien Roddier

『Salina Turda』 Benito Guyot Florent, Jambois Emmanuel, Owona Marie, Wozniak Alexandra, Yen Tzu-Ying

『Sept contre Thèbes』 Huvig Jules, Chavatte Justine, Coulais Louis, Uferas_Caspary Fanny, Lachesnais Mathias

『Trois petits chats』Benoît DELAUNAY, Albane HERTAULT LACOSTE, Maïwenn LE BORGNE, Alexia PROVOOST

 

この映画は、横浜フランスアニメーション映画祭2013の一環で上映されます。

上映作品 :
『アーネストとセレスティーヌ』(2012)バンジャマン・レネール、ステファン・オビエ、ヴァンサン・パタール(シナリオ:ダニエル・ぺナック)
『長老(ラビ)の猫』(2011)ジョアン・スファール、アントワーヌ・ドレスヴォー監督 日本初公開
フランスのアニメーション・スタジオ、フォリマージュ(Folimage)の短編プログラム
東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻の学生作品

関連イベント:子どものおやつシネマ

 

※ 6月29日(土)18時35分より、トークショーと『ハーバーテイル』の特別上映を行います。

ゲスト:伊藤有壱 (アニメーション映画監督) 司会:伊藤裕美(オフィスH)

トークショーには、前後の回のチケットをお持ちの方が、お入りになれます。

 

 

 

 

07
04
  • 2013-07-04 - 2013-07-04
  • 19:45 - 20:45
  • 1,300円、学生・会員・シニア1,000円、3回券3,000円、7月1日は1,000円、3日は女性1,000円、4日は男性1,000円
  • 横浜シネマジャック&ベティ (045-243-9800)
  • 横浜シネマ・ジャック&ベティ
    〒 231-0056
    横浜市 中区若葉町3-51