アンニーバレ・カラッチ

マニエリスムからバロックへの橋渡しを務めた画家フェデリコ・バロッチに引き続き、マニエリスム絵画に反発し、より自然に即した新しい表現を模索したボローニャ派の巨匠、アンニーバレ・カラッチについて観ていきます。カラヴァッジョと同時代に活躍した彼は、カラヴァッジョが、死後、20世紀になるまで忘れ去られていたのに対し、17世紀、18世紀を通して、非常に高い評価を受けていました。

アンニーバレ・カラッチ『岐路に立つヘラクレス』

 

講師:小栁由紀子
美術史家
ルーヴル美術館管轄国立高等教育機関エコール・ド・ルーヴルにてディプロムを取得。18世紀フランス美術史、邸宅建築と装飾史を専門とする。2015年フランス教育功労章受章

 

テーマ 日程 時間 受講料
クラブ・フランス会員
受講料
一般
アンニーバレ・カラッチ 毎回土曜:4/2、9、16、23 13:00-14:00 ¥8,000 ¥8,800

 

※ 3日前までにお支払いください。お支払い後のキャンセルはできませんのでご了承ください。

※ 受講料は全回分のトータル料金です。年会費は必要ありません。

 

 

お申し込みはオンラインブティックから!(3月5日受付開始)

 

 

お問い合わせ

☎️ 092-712-0904

【お電話受付時間】火〜金 10:00-13:00/15:00-19:00(土 10:00-13:00/14:00-18:00)