メディアテークで気軽にフランス文学に親しんでみませんか。かつて、パリのカフェで作家たちが語り合っていたように。

 

会場:アンスティチュ・フランセ九州3Fメディアテーク

料金:各回1,500円・要予約

 

お申し込みはオンラインブティックから。

 

 

文学カフェ:2021年フランス文学新着案内

2021年9月10日(金)19:00-20:00

 

対面でもオンラインでもお好きな参加方法で!

秋は、フランスの本屋さん新刊で賑わう「文学の新学期」。

2021年にフランスで出版された話題の作品を紹介します。講師ジョアンから日本語訳が出ているフランス語圏のおすすめ作品もお楽しみに!

参加者の皆さんの最近読んだ本や読んでみたい作家、お気に入りの一冊も教えてください!

 

講師:ジョアン・アルティエリ=ルカ

フランス語・日本語によるオンライン・アトリエ 💻 🇯🇵 🇫🇷

ジョアンはアンスティチュ・フランセ九州講師で、講座に文学を多く取り入れるなど、大の読書好き。メディアテークの常連さんです!

 

🙋 対面参加

会場:アンスティチュ・フランセ九州3Fメディアテーク

お申し込み:オンラインブティック 

 

💻 オンライン参加

使用サービス:オンライン会議ツール「Zoom」

お申し込み: Peatix

 

 

文学カフェ「世紀末」

2021年6月25日(金)19:00-20:00

Joris Karl Huysmans

Marcel Schwob

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Rachilde

Remy de Gourmont

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

対面でもオンラインでもお好きな参加方法で!

絶望感を感じさせ、幻想的な雰囲気を持つ「世紀末」という言葉は魅力的です。19世紀の終わりには次々に独創的な文学作品がフランスにあらわれて、今日に至るイメージを形作りました。ユイスマンス、ラシルド、シュウォブ、グールモン… 日本語で読める作品を中心に「世紀末」の豊かな文学作品を紹介します。

 

講師:倉方健作(九州大学言語文化研究院准教授)

日本語によるアトリエ

 

🙋 対面参加

会場:アンスティチュ・フランセ九州3Fメディアテーク

お申し込み:オンラインブティック

 

💻 オンライン参加

使用サービス:オンライン会議ツール「Zoom」

お申し込み:Peatix

 

cafe_litteraire_19c_auteur

 

 

 

 

倉方健作(くらかた・けんさく)
東京大学大学院人文社会系研究科博士課程退学後、同研究科で博士号(文学)取得。日本学術振興会特別研究員を経て、現在、九州大学言語文化研究院准教授。専門はヴェルレーヌを中心とする近代詩。著書に『カリカチュアでよむ19世紀末フランス人物事典』(共著、白水社)

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

📧 kyushu@institutfrancais.jp

☎️ 092-712-0904

【お電話受付時間】火〜金 10:00-13:00/15:00-19:00(土 10:00-13:00/14:00-18:00)