アンスティチュ・フランセ関西ー京都

アンスティチュ・フランセ関西ー京都(旧 関西日仏学館)は、オーギュスト・ペレーの弟子であるレイモンド・メストラレと大阪の建築家木子七朗の設計によって1936年に建設されました。国の登録有形文化財(建物)にも指定されています。2002年秋より、外壁を保存する形で改装工事が行われ、2003年3月に竣工。建物は最新の設備とともに生まれ変わりました。  

アンスティチュ・フランセ関西ー大阪

アンスティチュ・フランセ関西ー大阪は最寄駅から徒歩2分と便利で、賑やかな界隈に位置しています。ビルの最上階9Fが受付、教室は8Fならびに9Fにあります。