3

 

 
A2レベル 初級

モードを語ろう!

イヴ・サン=ローラン、ルイ・ヴィトン、クリスチャン・ディオール、エルメスからデニム、パンク、パルファンまで…ファッショ
ンの世界にひたり、フランス語のヴァリエーションを広げながら、フランスをはじめ世界のモード界の著名人の歴史を
学びましょう。

シャンソンで学ぶフランス語

シャンソンを軸にフランス語をより楽しく学びます。正確に発音し歌い、歌詞をフランス語で読み、歌の背景となる文化や状況にも触れます。最新のヒット曲や歌手も紹介します。

 

モリエールのテアトル①(全 4回)

演技をしてみたいと夢にみたことはありませんか?今がその時です!この講座では、口頭表現力を促進させ、モリエールの作品について学び、よりよく理解し、考えを述べてみます。息継ぎの仕方、身振り、セリフ回しを練習し、Jean Baptiste Poquelin の有名な作品に登場するシーンを演じてみましょう。1学期に1作品を取り上げます。この講座は4学期で完結します。

 

B1レベル 中級

 

慣用表現を使ってみよう!①(全 4回)

それぞれの言語には、慣用表現の豊かなレパートリーがあります。時代を経た言葉は変化し、現在も使用されています。言葉の語源を辿り、理解し、正確に使用することを学びます。この講座は4学期で完結します。

 

京都 文化で学ぶフランス語

この講座はB1(中級)レベルの方で、このレベルの範囲で学習したい方のためのものです。毎学期、異なる文化的テーマを通してフランス語を学んでいきます。書いた資料または音声教材により、フランス語・フランス語圏の文化を知りながら、書いたり表現したりなどの多彩な目的ある活動により、語彙や文法的知識も確実にして行きます。

 

シャンソンで学ぶフランス語

フランス語圏のアーティストの音楽を通してフランス語を学びます。

 

おもてなし関西

この講座は、関西地域でフランス語圏の観光客を案内できるようになりたい人向けです。
私たちの地域の貴重な伝統的なものや現代的なものを一緒に再発見しましょう。授業では全員参加型を歓迎します。教室では、毎回、異なる観光地を学習し、1学期ごとに3回、実地練習のため学習した場所を訪問し習得した知識を試します。紹介や説明の仕方、日本文化や社会面への関心の持たせ方などに焦点をあてます。

 

ラジオ・フランセーズ

Radio France Internationaleの時事ニュースについて学びながら、聞き取りと口頭表現のスキルを向上させましょう。その日のテーマについて一緒に予習をした後、2分程度のラジオニュースを聞きます。新しく習得した知識を早速使い、口頭表現の練習を行います。口頭表現の強化を望む方々を対象をしています。
4

ニュースでフランス語

マスメディアの情報を基に、読むこと・見たことを理解すること・討論に展開することを目的とします。

会話プラス「食文化を巡る」

日仏食文化を巡り口頭表現力を楽しく上達させます。洋菓子、ワイン、レストラン、有名シェフ、などをもっと知りたい方ぜひご参加を。

絵画で学ぶフランス語

19世紀のフランスの社会的側面が表れている絵画を観ます。様々な絵画や作者、フランス人やフランスについて知り、表現できるようになるでしょう。

講読「アルケミスト」

パウロ・コエーリョの小説「アルケミスト」は、”誰しもがどこかに持つ、自分の中の子供”に向けられた小説です。
サンチャゴというアンダルシアの羊飼いの少年が、ピラミッドに埋められているという宝物を探して旅に出ます。
砂漠で出会った錬金術師は彼に、「自分の心に耳を傾けること」「前兆を読み取ること」そして何よりもまず「夢を追い続けること」を教えます。
「学ぶ方法は一つしかない。それは行動を通してだ。君は必要なことはすべて、君の旅を通して学んだ」

 

知ってなるほど!

旅行、アート、シネマといった今日のテーマを取り上げます。最近の語彙と、慣用表現を身につけ、文法的構造を押さえます。

ニュースで学ぼう!

授業の前半は、クイズを通してニュースを理解していきます。後半はテキストを使って、口頭表現力と文法を強化していきます。

 

 
B2レベル 上級 

クラシック・シネマ・フランセ①(全4回)

映画が大好きで、思いっきり笑いたい方のための講座です。フランスでは、ルイ・ド・フュネスのユーモアは、ヒッチコックにおけるサスペンスに匹敵します。不朽の名作セクションの中から、いくつかのシーンを学びます。 1 学期に3作品を取り上げます。この講座は4学期で完結します

ブログを楽しもう!

ブログを作って、日頃から気になるテーマをフランス語で紹介する講座です。B1の力を強化し、B2を目指し、フランス語圏の人々とコミュニケーションできるフランス語を実際に使ってみます。一緒にブログを楽しみましょう!

知ってなるほど!

フランス語の授業の教材としても使われる雑誌からの記事やヴィデオ、音源の抜粋を使用し、旅行やシネマ、社会事情といった今日のテーマを取り上げます。
文法的構造を押さえながら、活きた使える語彙と慣用表現を身につけていきます。

ニュースでフランス語

様々な分野から選ばれた日頃から気になるテーマについて述べ合います。ニュース映像や記事等のテキストを基に、理解を深め、ディスカッションへ展開します。語彙力や表現力が豊かになり、語学力も高まっていきます。

フランス語で読む現代社会

ニュース等のテキスト(400文字程度)を読み、内容を要約し、クラスで発表し、討論へ展開する練習をします。このクラスは、問題を提起し、情報を明確に表現し直すを目的とします。

今日のフランス

ヴェルサイユ宮殿での現代アート、移民、スト、ヨーロッパ、核、差別用語、インテリ、教育など、芸術、政治、文化、社会といった今日のテーマを、今のフランスを知る手掛かりとなるヴィデオやフランスの新聞などの豊富な資料を通して分析してみましょう。

文学とシネマ

今学期も、モーリス・ジュヌヴォワが自らの経験に基づいて書いた5つの短編小説集 Ceux de 14や、ピエール・ルメートルの「天国でまた会おう」を読みながら、第一次世界大戦について、資料や映画によるこの世界史の暗黒時代についての研究とともに振り返ってみます。

 

C1/C2レベル 準マスター/マスター

フランス語で再発見する日本文化

エクスポゼとディスカッションにより、日本についての知識を深め、口頭と筆記表現力を高めます。通訳ガイドの方にお勧めです。 毎学期、文化スポットへ出かけ実地授業を行います。

フランス文学に親しむ

文学作品を一緒に読むことを目的とします。その作品は美しく重要なものですが、文体や時代背景により時として読みづらいことがありますが、私達は過去の作家たちに出会い、文学的空間を探索できます。

思想史

このクラスでは、西洋文化にまつわる大きな間いを哲学的、歴史的、人類学的、精神病理学的な観点から考察していきます。
秋学期: La liberté ou la mort, Essai sur la Terreur et le terrorisme de Sophie Wahnich

フランスの文化・政治・社会を知ろう

多岐に渡るテーマに関する記事を読み、下記の3つの目的を持って学習していきます。

・ フランスの社会的、政治的、文化的特徴の学習

・ 取り上げられたテーマでのフランスと日本との比較

・ EU諸国および世界のその他の国々とフランスとの関係

DALF試験(聴解、読解、口頭表現)にも有効です。

 

フランス文学

フランスの古典文学または現代文学の作品を読み、内容やテーマ、様式について歴史的、文化的に分析していきます。
秋学期: Sodome et Gomorrhe ( 1921-1922 ) de Marcel Proust
Proust, Sodome et Gomorrhe (1921-1922)
テーマ別クラスの検索はこちら  OSAKA  KYOTO