MMJPEG

コンテンポラリーダンスについて

マチルド・モニエと乗越たかおによる対談。モデレーターに小崎哲哉。

[ スピーカー]

マチルド・モニエ : パリのフラン国立ダンスセンターにて総合演出芸術監督

乗越たかお : 作家・ヤサぐれ舞踊評論家。株式会社ジャパン・ダンス・プラグ代表

小崎哲哉 :『REALTOKYO』『REALKYOTO』発行人兼編集長

MATHILDE MONNIER
(c) Tristan Jeanne Valès

Mathilde Monnier |マチルド・モニエ

フランスをはじめ、国際的にコンテンポラリーダンス界の先導者として活躍。進化し続ける自身の作品を発表することで、世界中のダンスシーンを発展させてきた。1994 年、モンテペリエ国立振付センターの芸術監督に就任、様々な分野のアーティストとのコラボレーションを実現し、フランスのオータムフェスティバルやパリ市立劇場を初め、様々な場所で20 を越える振付作品を上演してきた。2014 年より、パリのフラン国立ダンスセンターにて総合演出監督を務めている。 小崎哲哉よって招かれた「あいちトリエンナーレ2013」において、その作品は日本で初めて披露された。

乗越 顔Takao Norikoshi |乗越 たかお

作家・ヤサぐれ舞踊評論家。株式会社ジャパン・ダンス・プラグ代表。06 年にNY ジャパン・ソサエティの招聘で滞米研究。07 年イタリア『ジャポネ・ダンツァ』の日本側ディレクター。現在は国内外の劇場・財団・フェスティバルのアドバイザー、審査員など活躍の場は広い。著書は『コンテンポラリー・ダンス徹底ガイドHYPER』『どうせダンスなんか観ないんだろ!?』『ダンス・バイブル』など多数。朝日新聞、ダンスマガジン、シアターガイド等に幅広く執筆。現在、月刊誌Danza でコラム「誰も踊ってはならぬ」を好評連載中。

Tetsuya imageTetsuya Ozaki |小崎 哲哉

1955 年東京生まれ。カルチャーウェブマガジン「REALTOKYO」と「REALKYOTO」発行人兼編集長。日本とアジア太平洋のアートシーンの包括を目的とした日英バイリンガルの現代アート雑誌「ART iT」前発行人兼編集長。 現在は京都造形芸術大学大学院学術センター客員研究員。「あいちトリエンナーレ2013」でマチルド・モニエを招聘し、日本の観客に初めて紹介した。

会場:アンスティチュ・フランセ関西ー 京都  稲畑ホール

日時:2015 年 7 月 25 日(土)13:00 ~ 14:30 日仏同時通訳付 入場無料

07
25
  • 2015/07/25
  • 13:00 - 14:30
  • 無料
  • 075-761-2105
  • アンスティチュ・フランセ関西ー 京都  稲畑ホール
    〒 606-8301 
    京都市 左京区吉田泉殿町8