マチュー・セゲラ講演会「絵画の道:印象派をめぐる日本とフランスの交流」

2017年2月28日(火)アンスティチュ・フランセ東京
クロード・モネと初期の日本人収集家の関係は? 石橋正二郎とブリヂストン美術館を結びつけた印象派絵画は? 林忠正、松方幸次郎、黒木竹子が果たした役割は?
これらの疑問に答え、文化の対話と芸術の分かち合いを象徴する「絵画の道」の定義に挑んだ講演会。
この日仏間の対話は、パリのオランジュリー美術館で2017年に開催される、ブリヂストン美術館の名品:石橋財団コレクション展に先駆けたものです。
マチュー・セゲラ:日仏会館研究員・東京国際フランス学園教師・キュレーター・歴史家。オランジュリー美術館で開催されるブリヂストン美術館の名品:石橋財団コレクション展(2017年4月5日~8月21日)の講演会講師として同展覧会に協力。

Destination France – フランス語学留学フェア2017

2017年3月18日(土)アンスティチュ・フランセ東京
フランス語学留学フェア2017 詳細はこちら

フランス文化とグルメのアトリエ:ボルドーあるいはワイン博物館

2017年3月4日(金)アンスティチュ・フランセ東京 / フレンチレストラン「ビストロ・ポンヌフ」
フランス文化とグルメのアトリエ詳細はこちら

第6回「デジタル・ショック」-欲望する機械-

2017年2月10日(金)~3月20日(月・祝)
フェスティバル概要

 

日仏フォーラム「生きものの気配:芸術とロボットの空間」
2017年3月20日(月)東京大学 本郷キャンパス 武田ホール

 

『Practicable』出版記念ラウンドテーブル 登壇:サミュエル・ビアンキーニ、他
2017年3月17日(金)アンスティチュ・フランセ東京

 

ライブ・パフォーマンス:『欲望する機械(マシン・デジラント)』
2017年2月17日(金)渋谷WWW
出演:Qosmo AI DJ + Nao Tokui (Back to Back set) / ビジュアライゼーション:Shoya Dozono、Sonic Robots (モーリッツ=サイモン・ガイスト)、ダヴィッド・ルテリエ(a.k.a Kangding Ray)、他

 

インスタレーション:『ヴァーサス』ダヴィッド・ルテリエ
2017年2月11日(土)六本木ヒルズ森タワー52階シティビュー

 

第6回「デジタル・ショック」—欲望する機械 オープニングレセプション
2017年2月10日(金)アンスティチュ・フランセ東京
日仏メディアアートのフェスティバルの祭典、第6回「デジタル・ショック」のオープニングイベントが2月10日(金)アンスティチュ・フランセ東京で行われました。

「思想の夕べ」

2017年1月26日(木)アンスティチュ・フランセ東京
海をテーマにした思想の夕べが、アンスティチュ・フランセ東京の満席の会場で開かれました。海をめぐる科学、文化、環境面の問題を熱い想いと感性で議論して下さいました。浦島太郎が討論会に登場するという珍しい一幕もありました!