アンスティチュ・フランセ東京では、施設の一部を撮影ロケ地としてご利用いただけます。東京の中でも稀有な、フランスらしい雰囲気と緑豊かな庭を背景に、テレビ、映画、雑誌などの撮影が可能です。

さらに、2019年10月に着手された、建築家藤本壮介氏が手掛けた拡張計画「Village as Institute」の第一段階である新校舎建設工事は完成し、7月5日から撮影ロケ地としてご利用いただけます。次いで、7月から11月にかけては、建築家坂倉順三氏が手掛けた1952の建物の改修工事へと移ります。

 

【撮影場所】

撮影に使用できるのは、原則として以下の4ヶ所です。それ以外の場所については、事前にお問い合わせ下さい。

      • テラス
      • 中庭
      • 教室

 

【撮影日時】

祝祭日を除く月曜日から金曜日、10時~18時のあいだ

※10時より前から撮影を行うことはできません。

 

【料金】

撮影協力としてアンスティチュ・フランセ東京のクレジット掲載あり

4時間 8時間
写真 83,000円 124,000円
動画 165,000円 248,000円

 

 

アンスティチュ・フランセ東京のクレジット掲載なし

4時間 8時間
写真 124,000円 186,000円
動画 248,000円 372,000円

 

※撮影予定日から起算して48時間前以降のキャンセル :撮影料金の10%
※撮影予定日から起算して当日のキャンセル :撮影料金の100%
※別途電源使用料:2,000円
※料金は全て税込みです。

 

【支払方法】

振り込み(+振込手数料)で撮影使用料をいただきます。撮影後に、請求書を弊校からお送りいたします。

 

【クレジットの掲載について】

  • “アンスティチュ・フランセ東京 クレジット掲載あり”の料金を選択された場合は、撮影協力として、以下のクレジットを記載してください。使用フォントや記載位置などの指定は特にありません。

     「アンスティチュ・フランセ東京(飯田橋)

  • 紙面/動画の完成後、確認のため、クレジット入りの見本(掲載誌、該当ページのスキャン、DVDなど)を下記【見本送付先】までご送付ください。

 

【その他】

  • 控え室:教室を一部屋ご利用いただけます。
  • 駐車場:大型車(ロケバスなど)又は普通乗用車×1 台まで無料です。それ以上は外部の近隣駐車場をご利用下さい。

 

【ご予約】

メールにて以下の事項をお送りください。空き状況を確認した後、返信メールにて撮影に関する規約、申請書をお送り致します。
氏名/連絡先/電話番号/撮影希望日時/撮影内容
email:tokyo.communication@institutfrancais.jp

 

【お問い合わせ/見本送付先】

アンスティチュ・フランセ東京 広報
〒162-8415 東京都新宿区市谷船河原町15
email:tokyo.communication@institutfrancais.jp

 

【注意事項】

  • 館内でのライト、ストロボ使用の際は事前にお知らせ下さい。
  • 当館の電源を使用する場合は、電源使用料の納入をお願い致します。※電源持込不可
  • 教室内の備品(TV、PC、機材、インターネットケーブル等)にはお手を触れないようお願い致します。
  • 館内の蔵書や資料、展示作品などを著作権者に無断で撮影に使用(複製・転用・販売・公衆送信等)することはできません。アンスティチュ・フランセ東京では、著作権を理由に生じたいかなるトラブル・損失・損害についても責任を負いませんのでご了承ください。
  • 授業が行われる日には、大きな音を立てないよう、お願いいたします。
  • 水着の撮影は承りません。

※規約書のダウンロードはこちら

 

【よくあるご質問】

  • 撮影は朝早くから始めることはできますか?
    10時より前から撮影を行うことはできませんのでご了承ください。
  • 控え室には鏡等の備品はありますか?
    控え室は、通常授業で使用している空き教室となります。机と椅子以外の備品はありません。必要な場合はご自身でご準備をお願いします。
  • 撮影時間が4時間より短い場合、撮影料金は安くなりますか?
    撮影料金枠は4時間と8時間の二種類です。4時間未満の撮影でも、4時間枠の料金が発生します。

 

最終更新日:2021年7月5日