日本のフランス語書籍専門出版エージェント

フランス著作権事務所フランス著作権事務所(BCF)は、日本の株式会社として1952年に設立され、日本におけるフランス及びフランス語圏の書籍出版の推進を図ると共に、日本語への翻訳出版権を管理する文芸代理店です。日本の出版社とフランス及びフランス語圏の出版社や作家の間における、翻訳出版権の取得交渉や契約書の作成、著作権の譲渡などにおいて重要な役割を果たしています。

BCF はフランス語書籍を専門に扱う日本国内では唯一の出版エージェントです。毎年150から180件の新しい契約成立に携わっており、その数は日本で一年間に交わされるフランス語書籍の翻訳出版契約数の約85%に相当します。それは、日仏両国の出版社への働きかけや翻訳者との密な連携が生み出したものです。様々な分野の著作物が、日本の一般読者や研究者に届くよう努め、また、著作権が正しく守られるように努力を続けています。

 

フランス語書籍資料センター Le Salon des Livres

BCF は、本や翻訳にまつわる様々な職種間での相乗効果を最大限に引き出すべく、フランス語書籍や日仏交流に関心のある日本の出版社や翻訳者、研究者、メディアに向けて図書室 Le Salon des Livres を2008年に開設しました。暖かく落ち着いた室内のセルフサービススペースでエスプレッソやお茶を飲みながら、本を閲覧することが出来ます。
Le Salon des Livres では、翻訳や出版に関する集まりや討論会なども行われます。

 

著作物二次的利用権の管理•運営

BCFは著作物の二次的利用権(フランス語書籍の朗読、映画・舞台化、商品化、広告使用など)の譲渡も扱い、フランス語戯曲の興行権(BCFはフランス演劇家協会の日本代理店)も扱っています。

 

日本書籍のフランス語翻訳の推進

BCF はフランスにおける日本の書籍(小説、ノンフィクション、絵本、漫画)の翻訳出版権の譲渡も扱っています。フランスの出版社をはじめヨーロッパの出版社に対して日本書籍のプロモーション活動も行っており、フランスの研究者や翻訳家との緊密なコラボレーションによって、近年のヨーロッパにおける日本書籍の翻訳•普及に貢献しています。

 

住所:

株式会社フランス著作権事務所
〒113-0033東京都文京区本郷3-26-4-903
T. 03-5840-8871
F. 03-5840-8872

代表取締役:カンタン・コリーヌ Corinne QUENTIN
corinne.quentin@bcf-tokyo.com

メンバー:後藤典子(経理)、小澤美奈(フランス語書籍担当)、泉暢子(契約書担当)、島崎英司(日本書籍担当)