©Philippe Stirnweiss

フランス現代音楽の作曲家として確固たる知名度を誇るとともに、ライブ・エレクトロニクス音楽の研究における先駆者の1人としても知られるフィリップ・マヌリ氏(元ヴィラ九条山レジデント)を招き、「音楽と時間の形態」をテーマに特別公開講座を開催します。(全3回、1回2時間)
講座最終日翌日の3月27日(金)には、京都フランス音楽アカデミー・アンサンブル・スペシャルコンサートにて、マヌリ氏の新曲(ブーレーズ生誕90年記念作品)日本初演が予定されています。こちらも是非お楽しみください。

フィリップ・マヌリ Philippe Manoury
作曲家
52年生まれ。パリ・エコール・ノルマル音楽院とパリ国立高等音楽院で、マックス・ドイッチュ、ジェラール・コンデ、ミシェル・フィリッポ、イヴォ・マレクに師事。74年、クロード・エルフェによる「Cryptophonos」初演により、一躍その名を世に知らしめる。81年、IRCAM(フランス国立音響音楽研究所)に招聘され、数学者ミラー・パケットと共に、リアルタイムでのインタラクティブな音響処理のためのコンピュータ言語の研究に携わる。その研究から生み出されたのが、「Jupiter」「Pluton」など一連のライブ・エレクトロニクス作品である。教育の分野では、リヨン国立高等音楽院教授などを務めた後、カリフォルニア大学サンディエゴ校で教鞭を取った。パリ市賞をはじめ多数の賞を受賞しており、01年初演のオペラ「K…」は、フランス劇作家・作曲家協会大賞受賞。近年も、ピアノ、オーケストラ、エレクトロニクスのための「Echo-Daimónon」など、新作を発表し続けている。

3月24日(火)~26日(木)
16:00~18:00
アンスティチュ・フランセ関西-京都 稲畑ホール
逐次通訳つき
聴講料:2000円(1回につき)、5000円(全3回) ※事前申し込み不要、受講生は入場無料

お問合せ
京都フランス音楽アカデミー実行委員会事務局
〒606-8301 京都市左京区吉田泉殿町8アンスティチュ・フランセ関西
Tel. 075-761-2114 (火~土 10:00~18:00、日・月・祝 休)Fax. 075-761-2169
Email. academie@institutfrancais.jp
academie.institutfrancais.jp

03
24
03
26
  • 2015-03-24 - 2015-03-26
  • 16:00 - 18:00
  • 聴講料:2000円(1回につき)、5000円(全3回)
  • 075-761-2114
  • 075-761-2169
  • アンスティチュ・フランセ関西-京都 稲畑ホール
    左京区吉田泉殿町8 kyouto

<< 京都フランス音楽アカデミー