京都フランス音楽アカデミーは、フランス政府公式機関であるアンスティチュ・フランセ関西(旧 関西日仏学館)が主体となって1990年より運営されている日仏音楽交流事業です。毎春、フランスよりトップクラスの音楽家が来日し、約2週間のマスタークラスを開講。次回のオーボエクラスには、エリック・スペレール教授(パリ・エコール・ノルマル音楽院教授/ブリュッセル王立音楽院教授)を招聘いたします。日本にいながらにして、フランスの一流の音楽教育を体感できる貴重な機会です。

締切を延長して応募を受け付けております。
是非多くの皆様からのご応募をお待ちしております。

期間:2019年3月19日(火)~3月31日(日)
(3月30日(土)は教授陣によるコンサートのため休講)
会場:アンスティチュ・フランセ関西-京都 他
応募資格:13歳以上の音楽学生、演奏家。国籍不問。
指導内容:原則として12日間。各受講生は期間中5回の個人レッスン(1回約1時間)を受講。課題曲は設けず、受講生の希望する曲を指導。伴奏、通訳付き。
※個人レッスン以外の時間帯には、他の受講生のレッスンや、他の科目のレッスンを自由に聴講していただけます。
※3月23日(土)24日(日)の公開レッスンおよび、3月30日(土)の教授陣によるアンサンブル・スペシャル・コンサートには、受講生を無料でご招待いたします。
費用:入学金 11,000円、授業料 140,000円

お問合せ・お申込先:京都フランス音楽アカデミー実行委員会事務局
〒606-8301 京都市左京区吉田泉殿町8 アンスティチュ・フランセ関西-京都
TEL 075-761-2114 FAX 075-761-2169
MAIL academie@institutfrancais.jp / HP academie.institutfrancais.jp


エリック・スペレール Eric Speller
71年生まれ。リヨン国立高等音楽院で1等賞を得て卒業後、ジュネーヴ音楽院で研鑽を積む。95年~97年、モンテカルロ・フィルハーモニー管弦楽団で共同首席奏者を務める。同年、ベルギーのロイヤル・フランダース・フィルハーモニー管弦楽団首席オーボエ奏者に就任。主な受賞歴は、ナテクシス・バンク・ポピュレール財団賞、プラハの春国際コンクールファイナリスト入賞(96年)、国際オーボエコンクール・東京第3位入賞(97年)。現在、ブリュッセル王立音楽院およびパリ・エコール・ノルマル音楽院教授。フランス内外のマスタークラスにも招聘されている。情熱的でオールラウンドな奏者として、古楽器を使用するバロック時代の楽曲から現代音楽の新作まで、レパートリーは幅広い。CD録音も多数で、シューマン、ブリテン、ドラティ、ホリガー、カリヴォダの作品を収録したCDは、ディアパゾンなど各誌から高い評価を得ている。ビュッフェ・クランポン社のアンバサダー。Astria Oboe Trioのメンバーでもある。

01
31
03
18
  • 2019-01-31 - 2019-03-18
  • 00:00
  • 075-761-2114
  • 075-761-2169
  • アンスティチュ・フランセ関西-京都
    〒 606-8301
    左京区吉田泉殿町8 京都市 京都府

<< 第29回京都フランス音楽アカデミー 受講生募集