人工知能の倫理、法律、社会問題についての日仏フォーラム

日仏フォーラム:人工知能は社会をどのように変えるのか?

 

人工知能の技術とネットワークはここ数年で目覚しい発展を遂げています。人工知能は益々多くの研究者や企業の関心を捉え、日仏政府の政策検討の中心に置かれています。この新たな“産業革命”は社会を根底から変えようとしており、政府、地方自治体、企業、個人も熟慮し備えなければなりません。
人工知能の社会への影響についての日仏フォーラムでは、3つの討論会が開かれます: 倫理哲学的な問題、個人情報の保護やロボットの権利に関する法律、仕事の未来と教育についてのパネルディスカッションです。技術面、社会的な問題、そして未来についての重要な問題につき、日仏の視点から意見を交換します。
多くの皆さまのご来場をお待ちしております !

フライヤーをダウンロード

フライヤーを
ダウンロード

進行 :

09h00 開場、同時通訳レシーバの配布
09h30-10h00 開会の言葉:ティエリー・ダナ(駐日フランス大使)
基調講演:南條史生(森美術館長)
10h00-12h00 討論会:人工知能が喚起する倫理的問題とは?
12h00-13h30 休憩
13h00 開場 同時通訳レシーバの配布
13h30-15h30 討論会:人工知能の発展に法律はどう適応するのか?
15h30-16h00 休憩
16h00-18h00 討論会:仕事と教育の未来は?
18h00-18h15 閉会の辞:原山優子(人工知能と人間社会に関する懇談会座長)

日仏フォーラム申し込みフォーム

オンライン登録は締め切らせていただきました。聴講ご希望の方で、事前登録をお済ませでない方も、残席の数に応じて当日ご案内させていただきますので、直接会場にお越し下さい。

主催:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
パートナー:ヴェオリア・ジャパン株式会社全日本空輸株式会社
協力:森美術館
後援:内閣府
関連企画:デジタル・ショック
助成:アンスティチュ・フランセパリ本部
在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本ヴェオリア・ジャパン株式会社全日本空輸株式会社森美術館デジタル・ショック

 

05
29
  • 2017-05-29 - 2017-05-29
  • 09:30 - 18:10
  • 入場無料
  • 日仏同時通訳付
  • 六本木アカデミーヒルズ
    〒 106-6149
    東京都 港区 六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー49F