第5回「デジタル・ショック」

シネマ・ライブ
『リック・ザ・キューブ 時の冒険』
座・高円寺

 

ニワトリから生まれた四角いタマゴのリックの大冒険。アニメーション映像に、アコースティックやエレクトロミュージック、さまざまサウンドや特殊効果が加わった、大人も子ども楽しめるライブパフォーマンス。

映像制作:ジェス・リュカ
音楽・サウンド:エルワン・ラゲン
音響:ジャック=イヴ・ラフォンテーヌ

おすすめ:5歳以上

 

日時:2016年3月19日(土)13時/17時、20日(日)13時、21日(月・祝)13時
会場:座・高円寺
料金:一般2,500円(18歳以上)/子ども(小学生以上)1,500 円/未就学児500 円

 

チケット取扱い:
Peatix(一般券のみ)
3月19日(土)13時 http://peatix.com/event/153719
3月19日(土)17時 http://peatix.com/event/153740
3月20日(日)13時 http://peatix.com/event/153786
3月21日(月)13時 http://peatix.com/event/153787

座・高円寺チケットボックス(月曜定休)
電話03-3223-7300(10:00~18:00)/窓口(10:00~19:00)/http://za-koenji.jp/

 

お問い合わせ:
座・高円寺 03-3223-7500 http://za-koenji.jp/
アンスティチュ・フランセ東京 03-5206-2500

 


アーティスト紹介:

エルワン・ラゲン Erwan Raguenes
エルワン・ラゲンはクラシック音楽の教育を受けたピアニストであり、マルチプレイヤーでもある。早くからエレクトロニック・ミュージックに惹かれ、とりわけオーディオ・ビジュアル・プロジェクトの音楽制作に関心を持ち始める。現在は、サウンドトラックの制作など、自らのエクリチュールを映像と関連させて発展させることに力を注ぐ。シンセサイザーなど、あらゆるジャンルの音楽装置に大きな関心を持つエルワンは、様々なプロジェクトで異なるメディア間のインターフェイスを発展させるために、自らプログラミングも行う。

ジェス・リュカ Jesse Lucas
ジェス・リュカは、フランスのVJの先駆者であり、フランスのVJ情報サイト、VJFRANCEの創設者。そのオーディオ・ビジュアル作品制作の才能と舞台への嗜好を活かし、ヨーロッパの様々なクラブやフェスティバルに出演。彼はまた、オリー&ボリウッド・オーケストラの専属VJであり、その全てのビジュアル世界を担当・制作した。

 

提携:NPO 法人劇場創造ネットワーク/座・高円寺

 

logo

03
19
03
21


座・高円寺
東京都 杉並区高円寺北2−1−2

<< 第5回「デジタル・ショック」‐フュチュラマ(未来展望)