versus_expoview_lyon

ダヴィッド・ルテリエ『ヴァーサス』
会期:2017年2月11日〜3月12日
会場:東京シティビュー(六本木ヒルズ52階)
(Media Ambition Tokyo)

 

『ヴァーサス』(2011年)は、巨大な黒い花の形をした向かい合う二つのキネティック・スカルプチャーが、予測できない音や動きで対話するインスタレーション作品です。スカルプチャーは12枚の三角形のミラーパネルで構成されており、特殊なアルゴリズムによってその動きが制御されています。花冠の中央に内臓されたスピーカーから発せられた音を、向かいのスカルプチャーがキャッチし、会場のノイズからの影響も受けながら、音の周波数に応じて動きます。

2012年アルス・エレクトロニカ賞 受賞作品

 

共催:Media Ambition Tokyo

 

ダヴィッド・ルテリエ  David Letellier
1978年フランス生まれ、ベルリン在住のアーティスト。
フランスとドイツで建築について学ぶ。カンディング・レイの名でドイツの電子音響レーベル「ラスター・ノートン」に所属。カーステン・ニコライとの息の長いコラボレーションでも知られるルテリエは、オーディオビジュアル・パフォーマンスからサウンド・インスタレーションまで、さまざまな媒体で表現を行う。建築、アート、音楽にまたがる彼のアプローチは、「動く形(フォルム)」としてのサウンドに関する探究であるといえる。Némo(パリ)、MediaRuimte(ブリュッセル)、スコピトーン(ナント)等のヨーロッパのデジタル・アートフェスティバルで精力的に作品を発表している。
http://www.davidletellier.net/

 

 

02
11
03
12
  • 2017-02-11 - 2017-03-12
  • 10:00 - 23:00
  • 1,800円(東京シティビュー入場料)
  • 03-5206-2500(アンスティチュ・フランセ東京)
  • 東京シティビュー(六本木ヒルズ52階)
    〒 106-0032
    東京都 港区六本木6-10-1

<< 第6回「デジタル・ショック」—欲望する機械