hermit-crab-shells-01-AKI_INOMATA

© Aki Inomata

インスタレーション

Aki Inomata 「やどかりに「やど」をわたしてみる」

 

オブジェの系統学1.0」の関連イベントとして、Aki Inomataによる「やどかりに「やど」をわたしてみる」シリーズの作品展示を行います。

「ヤドカリはその身体の成長に伴い、より快適な「やど」を見つけると引っ越しを行う。時には力の強いヤドカリに「やど」を追い出され不当な交換に応じなくてはならないこともある。
そこで、私の作った透明な「やど」をヤドカリに渡し、ヤドカリが気に入れば引っ越ししてもらった。「やど」には、世界各地の都市が象られている。

この作品は、在日フランス大使館の解体イベントの展覧会”No Man’s Land”(2009)への出展を期に、制作をスタートした。 在日フランス大使館の建物は2009年に解体され、隣接する土地に新しい大使館が建てられた。その旧在日フランス大使館の土地は、2009年10月まで「フランス」だったが、以後50年間「日本」になり、その後また「フランス」になるという。この話に衝撃を受け、ヤドカリの「やど」を引っ越しする習性へとイメージが飛躍した。 同じ土地であるにも関わらず、平和に国が入れ変わっている事実と、中身は同じでありながら、背負う「やど」によって、すっかり見た目が変わってしまうヤドカリには共通項を感じる。世界各地の都市を模した「やど」へと次々と引っ越しをするヤドカリは、国境を軽々と越えていくようにも見えた。一方で移民や難民、国籍の変更や移住といったことも想起させられる。

制作当初、球を丸くくり抜いただけのものをヤドカリに渡してみたが、ヤドカリから見向きもされず、CTスキャンで自然の貝殻の内部構造を計測し、3DCGで制作したデータを3Dプリンターで出力する手法を用いたことで、ヤドカリに選ばれる「やど」を制作することが出来た。」

(Aki Inomata)

Aki Inomata

1983年 東京生まれ
2008年 東京藝術大学先端芸術表現科修了

主な個展に、HAMBURG ILLUSTRATED ENCYCLOPEDIA(FRISE、ハンブルク、ドイツ/2014)、犬の毛を私がまとい、私の髪を犬がまとう(HAGISO、東京/2014)他。
主なグループ展に、アルスエレクトロニカ フェスティバル(リンツ, オーストリア/2014)、撤収展 新・港区ハンマーヘッドスタジオ(横浜/2014)、おおがきビエンナーレLIFE to LIFE -生活から生命へ 生命から生活へ-(IAMAS/2013)、第15回 岡本太郎現代芸術賞展(川崎市岡本太郎美術館/2012)、No Man’s Land(旧在日フランス大使館/2009)他。

http://www.aki-inomata.com/

 

2月13日(金)-3月22日(日)

月曜~土曜11時~19時、日曜11時~18時(3月21日(祝・土)は休館)

会場:アンスティチュ・フランセ東京|ホール

02
13
03
22
  • 2015-02-13 - 2015-03-22
  • - 入場無料
  • - 03-5206-2500
  • アンスティチュ・フランセ東京 ホール
    東京都 新宿区市谷船河原町15

<< 第4回「デジタル・ショック」 - リアルのファクトリー