cinema1506291900

 

(フランス/1994年/92分/35ミリ/カラー/日本語字幕付)
監督:オリヴィエ・アサイヤス
出演:ヴィルジニー・ルドワイヤン、シプリアン・フーケ、ラズロ・サボ、ジャン=ピエール・サルサン

 

1972年。パリ近郊の同じ高校に通うジルとクリスティーヌは、スーパーでレコードを万引きする。逃げ遅れて警察に捕まったクリスティーヌは施設にあずけられる。ジルも学業不振とみなされ、退学処分の警告の手紙が両親に送られる。森の廃墟でドラッグを吸い、火が焚かれ、音楽とともに盛り上がる仲間たちの中で、施設から出てきたクリスティーヌは旅に出ようとジルに打ち明ける。使用されている音楽(ジャニス・ジャップリン、CCR、ニコ、ボブ・ディラン、ロキシー・ミュージックetc)からも分かる通り、1972年、監督自身が過ごした青春の思い出から出発して撮られた作品。

「この映画が持つであろう意味についての直感がひらめいたのはおそらく、思い出を脳裏に駆け巡らせながら、自分の感情を捨て、登場人物たちによって我を忘れた時でしょう。彼らのおかげで、私たちは驚くほど軽々と原稿を仕上げることができました。最初のページに、私はほとんど考えることなく、『冷たい水』というタイトルを走り書きしていました」 オリヴィエ・アサイヤス

 

フィルム提供:アンスティチュ・フランセ パリ本部

 

 

※上映後、オリヴィエ・アサイヤスと樋口泰人による対談あり。

 

 

 

06
29
  • 2015/06/29
  • 18:30
  • 開場:20分前
  • 一般:1200円 学生:800円 会員:500円
  • アンスティチュ・フランセ東京(03-5206-2500)
  • アンスティチュ・フランセ東京 エスパス・イマージュ
    〒 162-8415
    東京都 新宿区市谷船河原町15

<< 彼らの時代のすべての少年、少女たち