cinema1511131220

 

コメディは、映画の中でも最も人気のあるジャンルです。誕生時から「笑い」はフランス映画と共にあり(リュミエールの『水をかけられた撒水夫』)、 トーキーの到来とともに、粋な言葉のやり取り、ユーモア溢れる音響効果などによる笑いも生まれ、ミシェル・シモン、フェルナンデル、サッシャ・ギトリ、ル イ・デュ・フュネスなど個性豊かな俳優、監督たちによってフレンチタッチのコメディが次々に作られていきました。ここ数年で、若い世代の監督や俳優の台頭 によってさらに新しいスタイルのコメディ映画が生まれてきています。60年にジャック・タチの創作活動に大きな貢献をし、自らも素晴らしいコメディ作品を 監督・主演していながらこれまで日本で紹介される機会のなかったピエール・エテックスの作品も紹介します。

2015comedie

パンフレットを
ダウンロード

30年代から現在までのフランスのえり抜きのコメディ作品をどうぞお楽しみください。

特別ゲスト:
ジャン=フランソワ・ロジェ(シネマテーク・フランセーズ プログラム主任)
ジャッキー・ゴルドベルグ(映画批評家、監督)

 

ピエール・エテックス特集 共催:東京フィルメックス

助成:アンスティチュ・フランセパリ本部
アンスティチュ・フランセ日本 映画プログラム オフィシャル・パートナー:笹川日仏財団、アニエスベージャポン株式会社

フィルム提供及び協力: レ・フィルム・デュ・ジュディ、GAGA株式会社、ゴーモン、マジックアワー、東京国立近代美術館フィルムセンター、ル・プティ・ビュロー、ソシエテ・パリジェンヌ・ドゥ・プロデュクション、東京国際映画祭事務局、ヴィッキー・フィルム、ワイノット・プロダクション

協力:広島国際映画祭、メモリー・シネマ、ユニフランス

 

※上映日時変更のお知らせ:
11月13日(金)16時40分に予定していた「OSS 117 リオデジャネイロ応答なし」の上映は、11月20日(金)14時20分に変更となりました。どうぞご了承ください。また、11月13日(金)16時40分からは「イタリアのある城で」を上映いたします。

 

 

11
13
12
20
  • 2015/11/13 - 2015/12/20
  • Toute la journée
  • 開場:20分前
  • 一般:1200円 学生:800円 会員:500円
  • アンスティチュ・フランセ東京(03-5206-2500)
  • チケット販売時間:上映当日各回の1時間前から上映開始20分後まで。チケット販売時間内には、当日すべての回のチケットをご購入いただけます。全席自由。整理番号順での入場とさせていただきます。また、上映開始20分後以降の入場は、他のお客さまへの迷惑となりますので、固くお断りいたします。


フレンチタッチ・コメディ!~30年から現在までのフランス映画のコメディ特集~

2015-11-13 『おかしな教区民』
2015-11-13 『イタリアのある城で』
2015-11-13 『ハジキを持ったおじさんたち』
2015-11-15 『うず潮』
2015-11-15 『素晴らしき放浪者』
2015-11-20 『OSS 117 リオデジャネイロ応答なし』
2015-11-20 『幸福な記念日』、『恋する男』
2015-11-20 『絶好調』、『桃源郷』
2015-11-26 『巴里の恋愛協奏曲』
2015-11-26 『我慢ならない女』※上映後、ジャン=フランソワ・ロジェによる講演あり。
2015-12-04 『ソルフェリーノの戦い』
2015-12-04 『7月14日の娘』
2015-12-04 『ディス・イズ・コメディ〜ジャド・アパトーとその仲間~』※上映後、ジャッキー・ゴルドベルグと松井宏による対談あり
2015-12-05 『悲哀クラブ』
2015-12-05 『のらくら兵』
2015-12-05 『ティップ・トップ』 ※上映前に、ジャッキー・ゴルドベルグによる作品紹介あり。
2015-12-06 『のらくら兵』
2015-12-06 『巴里の恋愛協奏曲』
2015-12-06 『破局』、『健康でさえあれば』
2015-12-11 『ヨーヨー』
2015-12-11 『大恋愛』
2015-12-11 『その時が来た』
2015-12-13 『神のみぞ知る』
2015-12-13 『勇者に休息なし』
2015-12-13 『キング・オブ・エスケープ』
2015-12-18 『禁錮9ヶ月』
2015-12-18 『探偵ポーリーヌ』
2015-12-18 『さすらいの女神(ディーバ)たち』 
2015-12-19 『イタリアのある城で』
2015-12-19 『神のみぞ知る』
2015-12-19 『そして僕は恋をする』
2015-12-20 『ベルトよ、さらば』
2015-12-20 『そして僕は恋をする』
2015-12-20 『さすらいの女神(ディーバ)たち』