山形国際ドキュメンタリー映画祭2019関連企画:多様性を生きる

デジタル化の中で人々は急激に結びつきを強くしている中、それに反比例にして、身体を通じたつながりは薄くなっています。そうした変化する世界、現実を生きる身体、空間を映画はどのようにとらえているでしょうか。山形国際ドキュメンタリー映画祭2019や、アンスティチュ・フランセ日本「読書の秋2019」のゲストを迎えた上映、そしてトークショーを行います。

チラシをダウンロード

チラシをダウンロード

上映プログラム

リアド・サトゥフを迎えて

–       『ジャッキーと女たちの王国』(2014年)

 

サビーヌ・ランスラン特集

–         『囚われの女』シャンタル・アッケルマン(2000)

–         『キング・オブ・エスケープ』アラン・ギロディ (2009)

–         『ブロンド少女は過激に美しく』(2009)

–         『最後の上映』ロラン・アシャール(2011)

–         『アンジェリカの微笑』マノエル・ド・オリヴェイラ(2011)

 

山形国際ドキュメンタリー映画祭をふりかって

–         『ある夏の記録』エドガール・モラン&ジャン。ルーシュ(1961)

–         『ある夏のリメイク』エヴリーヌ・アンジョルラス&マガリ・ブラガール(2016)

–         『パウロ・ブランコに会いたい』ボリス・ニコ(2018)

–         『イサドラの子どもたち』ダミアン・マニヴェル(2019)

 

オサーマ・モハンメドを迎えて

–         『シリア・モナムール』(2014)

 

主催:アンスティチュ・フランセ日本

助成:アンスティチュ・フランセパリ本部、ユニフランス

アンスティチュ・フランセ日本 映画プログラム オフィシャル・パートナー:CNC、笹川日仏財団、TV5 MONDE

特別協力:山形国際ドキュメンタリー映画祭

フィルム提供及び協力:ベルギー王立シネマテーク、シネマクガフィン、クレストインターナショナル、フィルム・デュ・ロザンジュ、フランス国立視聴覚センター、MIDフィルム、国立映画アーカイブ、ル・プティ・ビュロ、ピラミッド・フィルム、スルヴィヴァンス、シェラック、テレザとサニー。

 

※前売り券の販売がPeatixにて可能となりました!以下の料金案内からもご確認ください。

 

 

山形国際ドキュメンタリー映画祭(山形市制施行130周年記念事業)
会期:2019年10月10日[木]-10月17日[木]
会場:山形市中央公民館(アズ七日町)、山形市民会館、フォーラム山形、ソラリス、山形美術館、山形まなび館 ほか

お問い合わせ:·

認定NPO法人 山形国際ドキュメンタリー映画祭(山形事務局)
phone: 023-666-4480 fax: 023-625-4550 e-mail: info@yidff.jp

東京事務局
phone: 03-5362-0672 fax: 03-5362-0670 e-mail: mail@tokyo.yidff.jp

 

10
17
10
21
  • 2019-10-17 - 2019-10-21
  • 開場:15分前
  • 一般:1200円 学生:800円 会員:500円 ※前売り券は Peatix にてご購入いただけます。
  • アンスティチュ・フランセ東京(03-5206-2500)
  • 当日のチケット販売は、残券がある場合に限ります。販売時間:上映当日各回の30分前から上映開始10分後まで。チケット販売時間内には、当日すべての回のチケットをご購入いただけます。全席自由。整理番号順での入場とさせていただきます。また、上映開始10分後以降の入場は、他のお客さまへの迷惑となりますので、固くお断りいたします。


多様性を生きる

2019-10-17 『ブロンド少女は過激に美しく』 
2019-10-17 『キング・オブ・エスケープ』
2019-10-18 『ある夏の記録 』
2019-10-18 『ある夏のリメイク』上映後、トークあり。
2019-10-18 『シリア・モナムール』、上映後オサーマ・モハンメドによるトークあり。
2019-10-19 『ブロンド少女は過激に美しく』 
2019-10-19 『アンジェリカの微笑』
2019-10-19 『囚われの女』上映後、サビーヌ・ランスランによるトークあり。
2019-10-20 『最後の上映』
2019-10-20 『パウロ・ブランコに会いたい』
2019-10-20 『イサドラの子どもたち』上映後 ダミアン・マニヴェルによるトークあり。
2019-10-21 『キング・オブ・エスケープ』
2019-10-21 『アンジェリカの微笑』
2019-10-21 『最後の上映』