オンライン映画祭「マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル(MyFFF)」の開催を記念し、過去の話題作と最新作を上映します。スクリーンで、ご自宅で、今のフランス映画をお楽しみください!

 

MyFFFとは?
全世界で実施されるオンライン映画祭マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル(MyFFF)では、ご自宅で日本未公開のフランス映画の最新作を楽しめます。第11回となる2021年は1月15日から2月15日までの間、1950年代のクラシック作品や子供向けのアニメーション短編など、日本国内では長編12作品、短編17作品を配信予定。短編は無料で配信します。

 

【首都圏1都3県の緊急事態宣言への対応について】

1月7日(木)に、首都圏1都3県に対して再発令された新型コロナウイルス対応の特別措置法に基づく緊急事態宣言を受け、アンスティチュ・フランセ東京では、下記の対応を実施することになりました。

アンスティチュ・フランセ東京のエスパス・イマージュでの映画上映について

  • 19時までに全ての上映を終了いたします。
  • ソーシャル・ディスタンスを守るため、チケットの販売枚数は定員の50%までといたします。ホール内では間隔を空けてのご着席にご協力いただけますようお願いいたします。
  • 各上映の間には換気しております。

館内ではマスクの着用をお願いしております。エントランスにて体温測定を実施し、風邪の症状や37.5度以上の熱のある方の入館をお断りすることといたします。 また、手指の消毒など感染防止策へのご協力をお願いいたします。

プログラムに変更がある場合は、アンスティチュ・フランセ東京の公式ウェブサイトやSNSを通じてお知らせいたしますので、ご確認ください。

 

 

主催:アンスティチュ・フランセ日本、ユニフランス

 

 

My FFF開催概要
開催日:2021年1月15日〜2月15日
料金:短編は無料配信、長編は1作品1.99ユーロ(パック料金では7.99ユーロ)
審査員:ジャンフランコ・ロージ(映画監督、イタリア)、モニア・ショクリ(女優、カナダ・ケベック)、ムニア・メドゥール(監督、フランス/アルジェリア)、フランコ・ロリ(プロデューサー、監督、コロンビア)ほか
公式サイト: www.myfrenchfilmfestival.com
配信サイト(*配信サイトは追加、変更になる可能性があります)
短編及び長編:U-NEXT、UPLINK Cloud、WATCHA、GYAO!、GYAO!ストア、ビデオマーケット、ぷれシネ、DMM動画、music.jp
長編のみ:Apple TV、Amazon Prime Video、MUBI、google play、MBS動画イズム
短編のみ:YouTube、Facebook、Omeleto、Dailymotion

 

 

01
29
02
06
  • 2021-01-29 - 2021-02-06
  • 開場:15分前
  • 1,000円 ※チケットは Peatix にて販売いたします。
  • アンスティチュ・フランセ東京(03-5206-2500)
  • 上映開始10分後以降の入場は、他のお客さまへの迷惑となりますので、お断りいたします。


スクリーンで見よう!マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル

2021-01-15 - 2021-02-25 第11回マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル(MyFFF)
2021-01-29 『ペルドリックス』
2021-01-30 『隕石が落ちた夏』 
2021-01-30 『獣たち』
2021-01-30 『ジェシカ』
2021-02-06 『思春期 彼女たちの選択』
2021-02-06 『カミーユ』
2021-02-06 『バーニング・ゴースト』