画像: © ジャック・フェランデズ/ ガリマール

 

14回目を迎える「読書の秋」に際して、アンスティチュ・フランセ日本は、11月の1ヶ月間、2021年のフランス文界とコミック界のニュースを彩った2人の作家、マリー・ンディアイとジャック・フェランデズを紹介します。講演会、座談会、カンファレンス、バーチャル展覧会、文芸批評ライティングコンテスト、パフォーマンス、映画上映など、自宅にいながらにして文学的創造に敬意を表する新しいプログラムにより、本の世界はかつてないほど生き生きとしています。この2021年版では、文学という共通の利益のために、人々を結びつけ、文化を融合させることを提案します。

これらの対談はオンラインで在日フランス文化ネットワークの各支部において配信され、自宅からオンラインでもアクセス可能です。また、各対談では、オンラインチャットで講演者に質問をすることができます。

在日フランス大使館/ アンスティチュ・フランセ日本は、これからも私たちを支援し、文学を巡る日仏文化の対話のために尽くしてくださるすべてのパートナーの皆様に、心からお礼を申し上げます。

それでは、良いフェスティバルをお楽しみください!

 

招聘作家

_______________________________________________________________

小説家

マリー・ンディアイ

バンド・デシネ

ジャック・フェランデズ

 

イベントスケジュール

_______________________________________________________________

 

11.13

フェランデスと車戸亮太 「カミュ、漫画になる」

18:00-19:30

 

11.16

 

マリー・ンディアイを迎えて

17:00-18:30

11.20

 

ドキュメンタリー映画「世界の歌」の上映会

様々な日程:詳細は各アリアンス・フランセーズ/アンスティチュ・フランセに問い合わせ

 

11.23

 

カミュの響き、フェランデスと中村文則

19:00-20:30

 

11.29

 

マリー・ンディアイといとうせいこう

19:00-20:30

 

 

3-4.12

 

第32回
獨協大学インターナショナルフォーラムアルベール・カミュ:生きることへの愛

詳細:獨協大学ウエブサイト

 

 

映画祭期間中は、いつでもご覧いただけます。

【バーチャル展示会】ジャック・フェランデズ: 

フランスの文豪 アルベール・カミュの作品をコミカライズ

 

2021年「読書の秋」文芸批評ライティングコンテスト

 

紀伊国屋案
フランス語翻訳書籍フェア

 

主催

 

 

共催

 

 

 

 

助成

 

 

協力・パートナー

                                        

 

コピーライト : © Francesca Mantovani/Editions Gallimard (Marie NDiaye); © MDAM/Michel Viotte (Jacques Ferrandez)

11
13
12
04
  • 2021-11-13 - 2021-12-04

<<