dc6_logo_1014_OL-02


第6回「デジタル・ショック」

―欲望する機械―

日仏メディアアートのフェスティバル

 

第6回「デジタル・ショック」 - 欲望する機械

チラシをダウンロード

「デジタル・ショック」は、コンテンポラリー・アートとメディア・アートの、日本とフランスでの新たな創造性の広がりを紹介するフェスティバルです。これまでも延べ10,000人以上の来場者に対して、数多くの先進的な作品を紹介してまいりました。
第6回目を迎える2017年は、機械やロボットと人間の、感情的でときに葛藤を生じさせる関係性について探究します。
近年、人工知能は、指数関数的な発展を続ける分野となりました。かつては人間が担っていた仕事を、今では機械に任せることをイメージできるまでになりました。人間と機械の恋愛関係を想像するアーティストたちもいます。
デジタル・ショックは、インスタレーションやオーディオビジュアル・パフォーマンス、対談などを通して、すでに新しいものではなくなったこのテクノロジーが、私たちにどのような未来もたらすのかを解明することを提案します。
メディアアートという新しい分野における日仏間の文化交流と、そこから生まれる刺激的で創造性豊かなプログラムにどうぞご期待ください。

会期:2017年2月10日(金)~3月20日(月・祝)※アンスティチュ・フランセ東京での展示は19日(日)まで
会場:アンスティチュ・フランセ東京、東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)、渋谷WWW、gallery COEXIST-TOKYO、EARTH+GALLERY、座・高円寺、ほか
主催:アンスティチュ・フランセ東京

 

プログラム(予定)※

 

別タブで地図を全画面表示

 

..

 

デザイン: So+Ba

02
10
03
20
  • 2017-02-10 - 2017-03-20
  • 03-5206-2500(アンスティチュ・フランセ東京)


第6回「デジタル・ショック」—欲望する機械

2017-02-10 - 2017-03-19 パトリック・トレセ『ポールという名のロボット(Etude Humaine #1, RNP-J.a)』
2017-02-10 - 2017-03-19 宇治野宗輝『モーターファミリー・ジャム・バンド』
2017-02-10 - 2017-02-21 『棒知能(Bar Intelligence 01)』&『棒人間の知能(Cheap Learning)』
2017-02-10 - 2017-03-19 サミュエル・ビアンキーニ『All Over』
2017-02-10 トークイベント 「人工知能の時代のクリエーションについて」
2017-02-11 - 2017-03-12 ダヴィッド・ルテリエ『ヴァーサス』
2017-02-11 - 2017-02-26 展覧会『プレディクティブ・アートbot』
2017-02-15 - 2017-02-21 ジュスティーヌ・エマール『Reborn 生まれ変わる』
2017-02-17 ライブ・パフォーマンス「欲望する機械(マシン・デジラント)」
2017-02-20 カテリーナ・バルビエーリ スペシャル・ライブ
2017-02-21 - 2017-02-26 Sonic Robots『Tripods One』
2017-03-01 - 2017-04-16 デジタル・ショック賞2017 アーティスト・イン・レジデンス 参加アーティスト公募
2017-03-03 - 2017-03-12 ノガミカツキ『Rekion Voice -礫音-』(デジタル・ショック賞2016 受賞作品)
2017-03-04 - 2017-03-05 CCMC 2017 コンテンポラリー・コンピューター・ミュージック・コンサート
2017-03-08 東京アニメアワードフェスティバル2017『Education of Gobelins ―フランス屈指のアニメーション学校・ゴブラン校の教育―』
2017-03-17 『Practicable』(MIT出版) 出版記念 講演会
2017-03-18 - 2017-03-20 子ども向け参加型ライブゲーム『Octopop』
2017-03-20 日仏フォーラム「生きものの気配:芸術とロボットの空間」